ここから本文です

存在のない子供たち (2018)

CAPHARNAUM/CAPERNAUM

監督
ナディーン・ラバキー
  • みたいムービー 360
  • みたログ 760

4.32 / 評価:604件

どれだけの絶望を経験したのか

  • popo さん
  • 2019年8月21日 18時35分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ゼインの様な環境の子は世界に沢山いる事は知っているが、改めて映像で見せられると、胸に響く。
何故PG-12なのか。こういう現実を知る事も教育ではないのかとおもうのだが。

僕を産んだ罪、世話ができないのに子供を作るなと訴えるゼイン。
一体この子はどれだけの絶望を体験してきたのだろう

強烈な印象を残す映画だった。
見て良かった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ