ここから本文です

存在のない子供たち (2018)

CAPHARNAUM/CAPERNAUM

監督
ナディーン・ラバキー
  • みたいムービー 359
  • みたログ 760

4.32 / 評価:604件

胸が潰れる思い

  • 柚子 さん
  • 2020年5月13日 15時54分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

戸籍のない少年ゼインが、犯した罪を裁く裁判で、次第に明らかになっていくゼインの生い立ち…

悲しく、切なすぎて、見ていて何度も涙が溢れた

育てられないなら、生むな

正論であるが、それすら理解できない人間がいる限り、ゼインのような子が増え続けるだろう

他人の子である赤ちゃんを、大きな鍋の中に入れ、スケボーにくくりつけ、町をさ迷うシーンは、本当に勘弁して欲しい
これ以上切ないものはない

ゼインが母親に対して言う「心はないのか」は、見ている側の心を代弁しているのだろうな…

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ