ここから本文です

存在のない子供たち (2018)

CAPHARNAUM/CAPERNAUM

監督
ナディーン・ラバキー
  • みたいムービー 350
  • みたログ 643

4.31 / 評価:526件

引き込まれる無口な時の少年に

  • hanahanamaron_anakuma さん
  • 2021年2月13日 19時59分
  • 閲覧数 143
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

見たあと、何かすっきりしない。
心の中は灰色に染まる。
映画に入り込み過ぎたのか。

正義感あるやさしいおにいちゃん。
だけど決して笑わない。
日銭を稼ぐこども達。
本当にこんな悲惨で劣悪な環境があるのか。
考えさせるほど丁寧に映している。
引き込まれる。悪いことが起きないかドキドキ
する。少年の正義感に胸がいたい。
しっかりしているし逞しい。もっと遊びたいの年齢なのに。12才の少年が生きていくにはあまりに厳しすぎる社会。

音楽はもの悲しげ。暗く不気味な感じがいい。邪魔もしていない。

最後の一コマを見て救われた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ