ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

ジェミニマン (2019)

GEMINI MAN

監督
アン・リー
  • みたいムービー 315
  • みたログ 1,160

3.40 / 評価:927件

ウィル・スミスのワンマンショー

  • KSHue さん
  • 2020年1月28日 20時13分
  • 閲覧数 1044
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

久しぶりの主演作とあって期待したのだが・・・クローンの若いウィル・スミスとの対決も含めて完全なワンマンショー、敵も味方もウィル・スミスということは、即ち本作は主人公の出来栄えにつきます。ほかのキャストの手抜き感が酷
いのだが、それはとりあえず無視。

 ビックスターのワンマンショーといえばキアヌの「ジョン・ウィック」、トムクルーズの「ジャック・リーチャー」、デンゼルの「イコライザー」、リーアム・ニーソンの「96時間」などなど枚挙に暇がない。個人的にはジョージクルーニーの「ラストターゲット」が好きです。

 ともあれ、スター俳優がお約束魅力を発揮してくれるこの手の映画は極端な外しがないので個人的に好きです。共通点は孤独なニヒリズムを醸すハードボイルド、あるいはそのくせどこかコミカルなギャップだったり。

 近年のウイルスミスの残念なのとところは「素晴らしきかな人生」などで悲劇の主人公の悲壮感を纏ってしまった事。今回のようなアクション映画でもなぜかその悲壮感が本来の魅力である軽快感を上回っているように思えてしまう。年齢的なシフトを試みたのだろうが、彼の場合その味付けが女々しくてまた甘すぎるように思います。これは男性の共感を呼ばない。

 本作、主人公のキャラ設定とそれを演じたウィル・スミスにはっきりしたコンセプトを感じません。むしろ年齢など気にせず軽快感満載である意味軽率なウィル・スミスのほうが良かったかも。バイクのアクションは全盛期の「アイロボット」ばりでカッコよかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ