2019年6月21日公開

ジョナサン-ふたつの顔の男-

JONATHAN

952019年6月21日公開
ジョナサン-ふたつの顔の男-
3.2

/ 144

6%
31%
41%
17%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

規則正しい生活をしている内向的な青年のジョナサン(アンセル・エルゴート)には、ジョン(アンセル・エルゴート)という別人格が潜んでいた。彼らは脳に埋め込まれたタイマーを用いて午前7時と午後7時に人格を切り替え、お互いが体験できなかった12時間内の出来事を知ることができるようにビデオテープにメッセージを残し合っていた。このスタイルを貫くことで問題なく済んでいたが、ある女性と出会ったことで、その生活にほころびが生まれる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(28件)

切ない26.5%悲しい14.3%パニック8.2%不思議8.2%泣ける6.1%

  • shi********

    4.0

    設定の凄さ

    この設定、よく考えたな! 二重人格者が12時間毎に脳内タイマーでキッチリ入れ替わり、二つの人格がそれぞれの人生を生きてる…。 凄いぞ、これ! この設定でワクワクドキドキ。 どうなるのか? 泥沼か?破滅か?お気楽か? 恋人と別れさせたのに、「ジョナサン、それあかんやろ?」までは良かった。 その後の二人格の争いが盛り上がらず…。 う〜ん?それだけか?もっともっとお互いの主張と葛藤はないのか? ちょっと期待し過ぎた自分が悲しい。 まあ、でも誰でも自由に生きたい自分といろんな事情から制御して生きている自分がいるのは事実。制御ばかり制約ばかりだと鬱にもなるし、疲れもする。 勝手気まま、我が儘過ぎるのはよくないけど、自分の人生は自分が思うように明るく生きなきゃ楽しくないよな…、そりゃ。

  • ベンジー

    3.0

    ネタバレ大きな展開は

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • o********

    3.0

    アルセン好きには。

    最近よくみる俳優。 演技が良いね。 展開はインパクト弱め。 想像を上回ることはないまま終結。 結末の捉え方は二通りあるかな。 多重人格者の大変さがわかる映画。

  • yok********

    3.0

    アンセル・エルゴートの演技が良かった

    アンセル・エルゴートの演技が良かったので、 面白く観れました。

  • oce********

    3.0

    ラストは良いんだけど

    最初からジョナサンとジョンの2人の人間が提示される。 演じるのが同じアンセル・エルゴートなので、何か秘密があるのかという目で見るが、案外それは早く明かされる。 12時間ごとに人格が交代するという役柄であり、徐々にそれぞれの役割が分かってくる。 その中で恋人を作ってはいけないという名目を破ったことで、お互いの人格にひずみが生まれだす。 ラストはこれしかないよなという結論に達するのだが、問題はそこまでの流れがもたもたしており、興味が最後まで持続しない可能性がある。 眠気を誘うようなシーンもあったし、さすがにエルゴートの1枚看板は少し早かったかも。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ジョナサン-ふたつの顔の男-

原題
JONATHAN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日