ここから本文です

星屑の町 (2019)

監督
杉山泰一
  • みたいムービー 156
  • みたログ 381

3.89 / 評価:314件

解説

ラサール石井らによるユニット「星屑の会」の舞台を映画化したドラマ。東北の田舎町を舞台に、地方巡業にやってきたムード歌謡コーラスグループと歌手を夢見る女性との出会いを描く。監督は『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』などの杉山泰一。コーラスグループの面々を大平サブロー、ラサール石井、小宮孝泰、渡辺哲、でんでん、有薗芳記、歌手を目指す女性をのんが演じる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

元レコード会社社員の山田修(小宮孝泰)がリーダーを務める、市村敏樹(ラサール石井)や天野真吾(大平サブロー)といったクセ者ばかりのコーラスグループ「山田修とハローナイツ」は、ベテラン歌手のキティ岩城(戸田恵子)らと地方巡業を続けていて、山田の故郷である東北の田舎町で公演を行う。ある日、山田の弟・英二(菅原大吉)の息子の幼なじみで、歌手を夢見る愛(のん)という女性がグループに入れてほしいと頼みにくる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ