レビュー一覧に戻る
レベル16 服従の少女たち

koy********

4.0

ネタバレもしも運営がポンコツだったら

古くは『ECHOLL』から連なる「世間から隔離された閉鎖的寄宿舎学校の秘密」系映画。近年だと『アイランド』や『私を離さないで』とか『約束のネバーランド』などがこの系統。今作は、「もしも、その運営がポンコツだったら?」という設定で作られてる(*´∀`*)このもしも要素ひとつでかなり斬新な作品になっております。ポンコツ要素は始まって間もないうちから垣間見られます。これらの「停電になる」「ビデオ授業の映像が乱れて止まる」などの演出は不安を煽る要素で描かれているのかと思いきや。貧乏の伏線だったんかーーーいヾ(*‘ω‘ )ノ っていう、他にちょっと類のない「運営カツカツ少女監禁寄宿舎学園もの」となっております。この手の映画で、運営のトップ2が「運営大変だわー」「運営カツカツだわー」って嘆き合う作品ってなかなか観られないでしょ?この映画で観られますよ!!計算するとざっと480人くらいの少女が居ることになるこの施設。そりゃあ運営は大変でしょうね…( ˇωˇ ) しかし笑ってばかりはいられない。これ系の話はその施設の目的がおぞましいんだよね。今作でもなかなか斬新なおぞましい目的のもとに作られた施設となっております。目的がそんな感じなので、教育は非常に適当。毎日「清潔であること、従順であること」など、いくつかの事柄をビデオに従い唱えるだけ。女性に教育は不要、という一派への批判にもなっているわけですな( ˇωˇ ) 展開は読めるし似たような映像が続くのでそんなに面白い映画ではないけど、運営のポンコツぶりを楽しみたいなら是非ヾ(*‘ω‘ )ノ

閲覧数612