ここから本文です

アニエスによるヴァルダ (2019)

VARDA PAR AGNES/VARDA BY AGNES

監督
アニエス・ヴァルダ
  • みたいムービー 14
  • みたログ 3

3.50 / 評価:2件

解説

「ヌーベルバーグの祖母」と称されるアニエス・ヴァルダ監督の遺作で、自身の60年以上にわたる創作の足跡をたどるドキュメンタリー。1954年に監督デビューして以来『幸福(しあわせ)』や『冬の旅』などが国際的に評価され、本作完成後に90歳で亡くなったヴァルダ監督が、豊富なフッテージや自らのナレーションで作品を振り返る。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

写真家だったアニエス・ヴァルダは1954年、長編映画『ラ・ポワント・クールト』を完成させる。作品はヌーベルバーグの先駆的な作品と評価され、映画監督のジャック・ドゥミと結婚してからも『ダゲール街の人々』『歌う女・歌わない女』などを手掛けてきた。2000年代に入ると、ビジュアルアーティストとして活動し始める。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ