レビュー一覧に戻る
シークレット・スーパースター
2019年8月9日公開

シークレット・スーパースター

SECRET SUPERSTAR

1502019年8月9日公開

ぬまつ

5.0

夜ふかしの桐谷さんから

インドのテレビ番組とかってこんなにうさんくさいのかと思ってしまう一作。 本編スタートから3分の2までは、やべぇこの映画ここから本当に感動的な映画になれるんだろうかと心配してしまいます。 レコーディング始まった瞬間これはひどい映画だなと。 でも終盤ものすごいドラマが待ち構えていました。かなり重厚。 一番泣けたのはパソコンだなー。そこからのばあさんの衝撃の告白。 夫婦の結末は半沢直樹を見ているようでした。1000倍返しだ。 父親をあそこまでひどく描いているのは男の自分にとってはちょっと辛かったけどね。 最後の賞の結末はちょっとマイナスだったかな。 受賞拒否はありえんよなーとマジメに考えちゃう。 あとは今回のアーミル・カーンの役どころは、正直微妙だった。 父親ほどじゃないけどちょっとヤバい人よね。 それに、主人公をカーンが掘り起こしたわけじゃなくて、もう十分に主人公が有名になって人気絶頂まで進んだ中でただそこに乗っかっただけだから、カーンが救世主って感じはあまりしないし。 「君と俺は似てる」って言われて「どこが?」って返して濁してたけど、結局どこが似てるのかよくわからなかった。 にしても「きっとうまくいく」から自身4作目だなカーンは。お世話になってます。 驚いたのが、主人公は普通に初見だと思っていたのが、実は2作目で、実は1作目も主要人物でカーンと共演だったとはね。ダンガル。 パスワードやばかったですね。 あれ自分があの男の子の立場だったらと思うと興奮するね。青春だわ。 ただ男の子のキャスティングは微妙だった。アンバランスで、ふにゃふにゃしてて、正直魅力が…

閲覧数360