ここから本文です

やっぱり契約破棄していいですか!? (2018)

DEAD IN A WEEK (OR YOUR MONEY BACK)

監督
トム・エドマンズ
  • みたいムービー 75
  • みたログ 89

3.22 / 評価:64件

切実さも誠実さも志もない…あるのは勢いw

  • yam***** さん
  • 2019年10月28日 18時56分
  • 閲覧数 164
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

主人公①

自殺未遂を繰り返す、若い小説家志望の男

なぜ彼が死を望むのか、明確には語られないので分からない

彼はどうやって生きる意欲を取り戻すのか?

小説の出版が決まる → 彼の心境に大きな変化は訪れない…

優しくカワイイ女の子と出会ってセックス → 生きる意欲を取り戻すw

あまりに安易な「生きる意味」に失笑!


主人公②

暗殺を稼業に生きてきた老人男性

周囲からは引退を勧められるが、頑なに現役に拘っている

なぜ彼はそれほど現役続行に拘るのか?

「仕事を辞めたら自分が自分じゃなくなるようでコワイ」

あまりにも幼稚で、あまりにも当たり前すぎる理由で、失笑!

全く関係ない二人を誤射しても、「仕方ない」って、可哀想w




「もしも死にたい若者と殺したい老人が出会ったら??」



ドリフ大爆笑みたいに、ただ思いついた面白そうな設定を映画にしてみました!ってだけの映画です

「悩める男を救うのは女」
本来は1行で済むことを、無理やり90分に引き延ばしてだらだらと観せてくれます

この映画には切実さも誠実さも、笑えるギャグもない…
あるのはいきなり撃っちゃう勢いだけ!

暗殺者の奥さんが刺繍が趣味だったりアットホームな家だったりインコを飼ってたり、コメディパートの「ミスマッチ感」の演出も、全く目新しさを感じない

笑えないし、「殺人」と「日常」をこの夫婦はどうやって消化しながら生活しているのか、思わず考えてしまい気が散る

「他人の命なんか知るか!お互いを思いやる男女関係がなにより大切!」

ブラックかつほっこりを狙うが、あまりに自己中過ぎて、端から見たら大迷惑w



さらにご都合主義の脚本も気になります

最大の山場で乱入してきた殺し屋に撃たれた主人公②
至近距離から凄腕の殺し屋に撃たれたのに、耳をかすっただけってオチ、ひどすぎない?wそんなミスする?w



「立ち止まり症候群」の若者の生態を描いた映画として、志の高さと主人公の魅力では「メランコリック」の圧勝!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ