ここから本文です

世界の涯ての鼓動 (2017)

SUBMERGENCE

監督
ヴィム・ヴェンダース
  • みたいムービー 89
  • みたログ 162

3.23 / 評価:130件

退屈だけど哲学的・感傷的な深い物語。

  • kad***** さん
  • 2019年10月6日 19時28分
  • 閲覧数 318
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

【賛否両論チェック】
賛:一生涯の恋から袂を分かち、死がちらつく極限状態へと追い込まれた2人が、改めてお互いへと想い焦がれていく姿が、詩的で感慨深い。
否:物語は非常に静かに淡々と進み、テーマも重たく哲学的なので、かなり退屈してしまいそう。

 短期間で恋に落ちたものの、文字通り世界の果てで離れ離れになり、お互いに生命の危機という極限状態へ追い込まれてしまうジェームズとダニー。そんな2人がそれぞれに想いを馳せながら、「愛」について抒情的に振り返っていく様に、思わず観ている側も考えさせられてしまいます。
 ただ登場人物達の会話やそれぞれの独白なんかは、良く言えば感慨深いものではありますが、悪く言ってしまうと非常に理屈っぽくて難しく、哲学的でもあります。加えて、物語の展開もかなり淡々と進んでいくので、気をつけていないと思わず眠くなってしまうかも知れません。
 とにもかくにも、観る人の映画の好き嫌いによっては大きく評価が変わってくるような、そんな作品といえそうです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ