2019年10月25日公開

108~海馬五郎の復讐と冒険~

R18+1022019年10月25日公開
108~海馬五郎の復讐と冒険~
2.6

/ 197

8%
22%
19%
26%
24%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

元女優の妻・綾子(中山美穂)の浮気をSNSの投稿を通じて知りショックを受けた脚本家の海馬五郎(松尾スズキ)は離婚を考えるが、財産分与で資産の半分を支払わなければならないことがわかる。資産を使ってしまおうと決意した海馬は、妻の浮気投稿についた108の「いいね!」と同数の女を抱く復讐(ふくしゅう)に挑む。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(51件)

笑える22.6%セクシー17.9%コミカル17.9%楽しい11.3%切ない10.4%

  • rch********

    3.0

    ネタバレ中山美穂も脱いでたら星4でしたが

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ムービークリニック

    3.0

    ほし みっつ

    エンディングテーマに星野源。というのがどんでん返しよりいちばんのビックリですね。いや素晴らしいですね。 監督・主演の松尾スズキと同じ事務所で監督は主賓なのですね。納得。 だって内容はR18ですし、妻の浮気に怒った親父が離婚で財産を半分渡すのは納得できず、108人を抱くという復讐を目論む内容である。 酒池肉林のドタバタ劇。セクシー度は全開だがコミカルで笑える。主人公は妻の顔が浮かべば行為ができず、妻の浮気模様がSNSに出ると怒りで行為が激しくなる。 もう108人に到達する終盤は、もうドタバタで。 主人公だけではなく多くの人を巻き込み、お金のスケールも莫大に使うのだ。 ただ根幹に流れているのは夫婦愛であり、ただのセクシー映像ではない。妻の浮気理由やSNSの合成アプリのどんでん返しやら、揺れ動く夫婦の絆と愛情が渦巻く。 抱くという目的を使って、行き着く先は海なのか、離れ島なのか。きっと主人公は離れ島には行かないだろう。 という考察で終了してしまう作品。 松尾スズキという監督脚本。とてもユニークで楽しくぶっ飛んでるように感じる。とても個性的で好きですね。 東京タワー オカンと時々オトン でアカデミー脚本賞取ったり、別作品小説で芥川賞候補になったり、漫画家だったり。役者も舞台も演出もいろいろやって、多彩な人物です。 ただ今回の作品観て思ったのは、ユニークさとギャグは、ナンセンスギャグであると思うので一般受けはしないだろうなという印象ですね。もっとたくさんの作品見なければならないとは思いますが。感覚で。

  • yaj********

    2.0

    ネタバレあんまり面白くない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Halkyun

    2.0

    ポ、ポルノですね。松尾先生が楽しそうで何よりです。中山先生の乳首が見られなかったのは残念です

  • ryo********

    5.0

    個人的には当たり

    wowowで観賞。松尾さんと性的な内容の物語が好きなので個人的には当たりの作品でした。 笑いの部分でも何ヵ所か私の笑いのツボにささり、久しぶりに笑いがとまりませんでした。 最近はテレビの安っぽいお笑いではなかなか笑えないので、それだけで満足しました! こんなに笑いという部分で感情を揺さぶられるとはやはり松尾スズキは凄いと思った。 ストーリーやラストシーンで評価を低くしている方の意見もわかるが、個人的には映画でこんなに笑えたのは珍しいので星5である。 私は下らない下ネタが好きな事を再確認できた。 そして、松尾スズキ、リスペクトである。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


松尾スズキ海馬五郎
中山美穂海馬綾子
栗原類道夫
LiLiCoエイドリアン
乾直樹ドクタースネーク
宍戸美和公堀切すみれ
堀田真由赤井美月
坂井真紀海馬マリ
秋山菜津子砂山美津子

基本情報


タイトル
108~海馬五郎の復讐と冒険~

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル