ここから本文です

ブルーノート・レコード ジャズを超えて (2018)

BLUE NOTE RECORDS: BEYOND THE NOTES

監督
ソフィー・フーバー
  • みたいムービー 53
  • みたログ 34

3.96 / 評価:24件

レコードを作るという素晴らしさ

  • すいかみかん さん
  • 2019年10月18日 23時18分
  • 閲覧数 200
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

レコード会社には、それぞれ特徴があるがジャズレーベルのブルーノートが長く品質保証で続いているのはこうゆう事?
というのを、40代後半の女性監督がまとめてくれた。
レコードジャケットのデザインの良さはカメラマンの計算にあり。実際、ブルーノートのレコードジャケットはリスペクトという形で何度も模写される。ジャケットがいいから音も聞かず買ってしまってもおそらく大きい失敗はない。ブルーノートは信頼だった。

音楽は配信になって好きなだけ指先でチョイスする(あるいはアレクサに)
それでも、何度も録音してセッションしてライブして作っていくだろう。

ブルーノートのドキュメンタリー以外の何でもないので音楽ファンなら見て欲しい。
特に興味ないなら、スルーで。
分かる人にだけわかればいい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • 知的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ