2019年9月20日公開

シンクロ・ダンディーズ!

SWIMMING WITH MEN

962019年9月20日公開
シンクロ・ダンディーズ!
3.2

/ 46

4%
30%
50%
11%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

妻と仲が悪く息子にはバカにされてきた会計士のエリック(ロブ・ブライドン)は、なじみの公営プールで中年男性ばかりが集うアーティスティックスイミングチームと出会う。メンバー入りすることになった彼は、仲間と一緒にイギリス代表チームの一員として世界選手権に出場することになった。エリックは、厳しい特訓に励むうちに生きがいを見いだす。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(9件)

笑える25.0%コミカル25.0%楽しい25.0%かっこいい5.0%セクシー5.0%

  • まめた

    4.0

    決して傑作ではないがよい

    できすぎの妻と思春期の息子に邪険にされてる 中年男性。 仕事はあるけど特出世してるほどでもない。 ひょんなことからおじさんばかりの シンクロチームに入ることになってから 人生が楽しくなってくる。 こういった巻き込まれ型の人生賛歌な作品は 珍しくなくあるものの、 それでもやはりしょぼくれた姿から 生き生きと変わっていくのを観るのは楽しいもので。 家族も仕事も恵まれてる(はず)だったのから 本当に心から愛する家族と仲間を得ていく。 ちょっとした笑えるスパイスもあるのが イギリスのコメディらしくて 自分はそこがツボにはまって好きだ。 決して傑作や名作にはならないけれども 楽しい時間を与えてくれる良い作品。

  • spa********

    3.0

    中年男たちの悲哀に満ちたコミカルな奮闘劇

    冴えない中年男が主役のこの手の映画、最近多い。既視感ありの題材と、予想通りの展開ですが、でもなんか見ちゃう、なんか笑っちゃう、なんか感動しちゃうんですよね。

  • has********

    4.0

    ネタバレまあまあだが、フランス作品が良かった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sal********

    3.0

    面白かった

    人間はバタバタとあがいて生きるものを明るく前向きに描いた映画。イギリスらしくもっと笑わせてくれるともっと良い

  • chu********

    3.0

    さあ、行こう!水の中に飛び込むごとく!

    判で押したような毎日。充実感のない仕事。家庭での希薄な存在感。いわゆる中年の危機の主人公エリックは、仕事帰りに通うプールで異様な男性グループに遭遇。 え?男がシンクロ?と驚きつつ、つい引き込まれ…というお話。(アーティスティックなんちゃらの言い換えがじゃまくさいので、シンクロと書きます) アメリカ映画ならイケメンを何人か投入しそうなものですが、さすがイギリス産、シンクロチーム8人全員がことごとくイケてない(笑)。年齢・人種・境遇はバラバラで、いかにも「こんな人いるいる」という感じです。 そのおっさんたち(ひとりだけ若造)が、お互いをおちょくったり軽口を言い合ったりパブでビールを引っ掛けながらシンクロに取り組むのです。でも、野心は皆無。むしろその逆が、彼らのルールだったりします。 ルール詳細は忘れましたが(汗)、要は「日常と違う自分、夢中になれる何かを見つけよう」とする人たちの集まりで、そこにエリックも当てはまったのです。 まぁ、展開はご想像通り。個性的なおっさんたちが案外愛らしく、クスクス笑えたり、ちょっと気の毒になったり、気楽に観られます。 意外と気持ちいいのが、水中シーン。私は小学校から高校までずっと水泳をやっていましたが、水の中で解き放たれて自由になる感覚がすごく好き。エラ呼吸できるなら、ずっと水中に居たい(笑)。 ただ、シンクロは競泳とは別モノで、めっちゃしんどいらしい。それをピークを過ぎたおっさんたちがやり遂げて、非公式の国際大会まで行くんだから、なかなかすごい。シンクロだけじゃなく、新しい扉を開ける勇気も出るってもんだ! 映画館ガラガラやけど、けっこう楽しかったやん!…と思いかけていたところ、エンディングで水を差されるなんて…。カンベンしてよー、あれは要らんって!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
シンクロ・ダンディーズ!

原題
SWIMMING WITH MEN

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日