2019年9月6日公開

アス

US

R15+1162019年9月6日公開
アス
3.2

/ 1,231

13%
25%
37%
16%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

アデレードは夏休みを利用して、夫と2人の子供たちと一緒に幼い頃住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪問する。彼女は友人一家と落ち合いビーチへ出掛けるが不可解な出来事に見舞われ、過去のトラウマがフラッシュバックする。やがて夜になると、自分たちとうり二つの不気味な4人組が家の前に現れる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(280件)

不気味19.7%恐怖17.3%不思議10.6%パニック10.5%絶望的8.1%

  • jim********

    3.0

    ネタバレ凝りすぎて理解するの難しい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ムービークリニック

    4.0

    ほし よっつ

    物語は新手のクリーチャーパニック映画を彷彿させるが。突如と現れる自分と瓜二つの人物。 その人物たちは、鋭いハサミを振りかざす凶暴全開な人間のだ。怪獣やエイリアンではない。 自分たち家族と同じ顔の人物たちが家を襲う。とにかく驚きの連続。観てる方は死人のゾンビでもないし言葉はしゃべってるし、いったい何者かが混乱する良い展開、。 そこに畳み掛けるいろんな要素。冒頭のお化け屋敷シーンの少女と現代の家族のつながりの謎も頭に巡る、なぜ襲われるのか不明、なぜ同じ顔なのか怒涛の不明。警察は14分でくると言いつつ全く来ないのはなぜか。 こういう時ホラー映画って、夫はどうしようもない恐怖感増大させるイライラ役ばかりでとってもベタだが貴重なアイテム(笑) さらに登場するキーポイントの手錠。なぜ手錠をかけさせるのか。ここの解明はあまり直接的に触れないが、その理由を考えると妙に深く納得。 薄暗いシーンが多い中で出演者は黒人が主であるため見づらい面があるが、闇に浮かぶ眼球の白さが際立って雰囲気を増大させていたね。 家族のサバイバル、子供たちの成長と団結。 そして若干役に立たない夫に向かって放つ『あんたに主導権はない!』の絶叫。これはスカッとしましたね。 襲ってくる理由とその存在の謎。 ホラーではお約束のクライマックスショックもなかなか良いもんでした。 精神がリンクしてるのか共有してるのか、もしくは入れ替わるのか。ドッペルゲンガーを題材にしたという監督のニューゾンビといった雰囲気の映画でした。 アイデアに乾杯です。精神の疑問意外の細かい設定の謎や疑問はスルーしましょうかと思うくらい怒涛の展開に釘付けでしたよ。

  • wat********

    2.0

    無理やりな映画

    ゲットアウトは最初は不思議な映画だと思ったが、それなりにきっちりと筋が通っていたので話に引き込まれ、面白く観ることができた。反対にこちらの作品はかなり無理がある。後半になると大筋が明らかになるが、結局は衝撃的なラストで観ている人を驚かせたかったのだと思う。それでも全体の説明がつかない。残念です。

  • xqj********

    5.0

    ネタバレ黒人監督がこれを撮ってる事が怖い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • みち

    3.0

    パラレル

    パラレルワールド。 オムニバスの一話って感じ。 嫌いではないけど、めちゃくちゃ面白い訳ではないかな。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


ルピタ・ニョンゴアデレード・“アディ”・ウィルソン/レッド
ウィンストン・デュークゲイブ・ウィルソン/アブラハム
エリザベス・モスキティ・タイラー
ティム・ハイデッカージョシュ・タイラー
シャハディ・ライト・ジョセフゾーラ・ウィルソン/アンブラ
エヴァン・アレックスジェイソン・ウィルソン/プルートー
カリ・シェルドンベッカ・タイラー
ノエル・シェルドンリンジー・タイラー
アナ・ディオプアデレードの母
マディソン・カリーアデレード(少女時代)

関連ニュース

関連ニュースの記事はYahoo!ニュースに移動します。


受賞歴

NY批評家協会賞第85回

女優賞

基本情報


タイトル
アス

原題
US

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日