ここから本文です

アス (2019)

US

監督
ジョーダン・ピール
  • みたいムービー 243
  • みたログ 1,479

3.20 / 評価:1160件

まぬけ達

  • taf******** さん
  • 2021年5月28日 9時26分
  • 閲覧数 1174
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

説明が無さすぎて
わけがわからん。

なんというか、
全体的に惜しいって感じなんですよね。

進行もまぬけ演出が多くてイラつく。
割と無敵な敵に対して油断しすぎ。
常に警戒して武器を持って構えろよ。
なんですぐ他のことに気を取られて
ボケーっと見とんねん。
ふーとか安心するなよ。
油断しすぎ。

やはり、何をしてるかわからない物語の作り方はダメですね。
恐竜に襲われるとかは意味がわかりますが
ドッペルゲンガーが現れるっていうのは
初めから意味不明なので、初めからわかるようにして欲しい。
終盤でやっと、正体らしき事が開示されるけど、結局だから誰なん?こいつら?という謎だらけ。

そして、大変なのがラストシーン。
どういうこと?っていう。

子供の頃、入れ替わってたとしても、
もはや、それ以降人間として暮らして
結婚出産してたんやったら、
もう、それはただのママだよね?偽物じゃない。てか、過去の記憶消えてるし。
ママじゃん、ただの。
子供の頃入れ替わってたからなんやねん?

なんというか、
全体的に惜しいんだよなぁ。

似たような不気味さの作品で言うと
光る目とか、近いのかなぁ?
少し違うか。


あの地底世界はなんやったのん?
なんでドッペルゲンガーがいるのん?

作り話とは言え、さすがに適当過ぎるような。
もう少し演出も面白くしてくれてたら楽しい映画だったのに。
たとえば、家族が襲われる前から
他の人がドッペルゲンガーに殺されるシーンがあったり、
あの日以降、あの人、人が変わったわ、とか。
じわりじわりと人々が入れ替わってる、みたいな盛り上げ方をしてくれたら
少しはマシだったかなぁ。
スーパーで買い物してたら、そっくりさんが遠くの方でチラッと見えて、声をかけようとしたら本物が後ろにいて、あ、あれ?今そこに?え?似たような人はいくらでもいるわよー、とか言って。

観客を生理的に楽しませる技術が低いので、低評価に繋がってると思う。
普通、ドッペルゲンガーが襲ってきたら油断しないよ?とか。終始、何が起こってるかわからないとか。
観客の頭の中がクエッションだらけで楽しめない。

ジュラシックパークとかはさ、初めから恐竜の復元に成功しました!って情報を見せてくれてるから、あー、こいつらにやられるのかって理解できるけど、
あれだって、急にとある島に連れて行かれて
急に恐竜に襲われだしたら、
なんで恐竜がいるの?なんで襲われてるの?は?意味わからんってなるじゃん。
ちゃんと説明してる。恐竜が作られた経緯、それをテーマパークにした金持ち。そして悪い奴がDNA盗もうとしたせいで制御システムがダウン。恐竜が檻から出てきてさぁ大変!
こういう観客が生理的に理解していける作りにしないと、そもそもがどんな題材でも楽しめないよ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ