ここから本文です

上映中

プライベート・ウォー (2018)

A PRIVATE WAR

監督
マシュー・ハイネマン
  • みたいムービー 163
  • みたログ 185

4.15 / 評価:150件

戦場の現状を最前線で伝え続けた記者の生様

  • Kassy さん
  • 2019年9月5日 14時39分
  • 閲覧数 892
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

戦場の現状を最前線で伝え続けた1人の女性ジャーナリスト、メリー・コルヴィンのお話。

メリー・コルヴィンと言う人は数々の戦地へ赴き、いくつもの賞を受賞する素晴らしい戦場ジャーナリストであるが、裏では深いPTSDに悩まされつつ強い想いに突き動かされ戦場へと行く。

映画では私生活は酒とタバコに溺れてボロボロなシーンと戦場のシーンが交互に描かれるが、そこに戦場があるからいくと言わんばかりに戦場に行く様は、なんでそこまで…と凡人の私は思ってしまうが、ジャーナリストとしての精神にただただ感服するばかりであった。

監督はドキュメンタリー作家のマシュー・ハイネマンで、本作が劇映画デビュー。ラッカは静かに虐殺されているでもシリアを撮っているが、本作でも数々の戦場が登場する中でも特に重要な地としてシリアが登場する。シリアの様子は劇中で非常に克明に描写されるのだが、その中で数々の戦地へ行ったメリーが「ここが一番ひどい」と言ったのが印象的だった。
PTSDになるほどショッキングな出来事が沢山あったのに…
そこでここはヤバいと言われながらも最前線でレポートし続ける彼女の姿を演じきったロザムンド・パイクの姿を是非見ていただきたい。

戦争になったら。
それは国でもなく官邸でもなく、民間人が一番犠牲になる。そして一人一人それぞれの戦争を体験していくことになる。
それを伝えるには大きくまとめられたニュースではなく、生の声を伝えるジャーナリストの力が必要だと。

なぜそこに行くのか、ではなくなぜ伝える必要があるのかについて深く考えたい映画だった。もっとニュースをきちんと理解しないといけないと反省した。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ