ここから本文です

鉄道運転士の花束 (2016)

DNEVNIK MASINOVODJE/TRAIN DRIVER'S DIARY

監督
ミロシュ・ラドヴィッチ
  • みたいムービー 27
  • みたログ 39

3.66 / 評価:29件

理解しづらいところもあるがいい映画

  • pag******** さん
  • 2020年7月23日 20時33分
  • 閲覧数 315
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

前半は特によい。テンポよくわかりやすく,それでいて情感にあふれ,映像も本当に美しい。しかし,クライマックスはわからないとは言わないけれど,日本とは事情が違いすぎて,にわかには入り込めなかった。ただ,なかなか知ることのできない外国の価値観にふれられるのも,映画ならではの経験だと思う。いつもいつも感じることだが,物質的にははるかに豊かなはずの日本の映画は,その多くが実にくだらない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ロマンチック
  • 恐怖
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ