ここから本文です

上映中

鉄道運転士の花束 (2016)

DNEVNIK MASINOVODJE/TRAIN DRIVER'S DIARY

監督
ミロシュ・ラドヴィッチ
  • みたいムービー 28
  • みたログ 21

3.69 / 評価:13件

解説

テレビシリーズなどを手掛けてきたミロシュ・ラドヴィッチが監督と脚本を務めたコメディードラマ。ある鉄道運転士の悲哀を、養子との関係を通して描く。『アンダーグラウンド』などのラザル・リストフスキーが父を、ペータル・コラッチが養子を演じ、ミリャナ・カラノヴィッチ、ヤスナ・ジュリチッチらが共演した。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

鉄道運転士の家に生まれた60歳のイリヤ(ラザル・リストフスキー)は、在勤中に28人をひき殺した経験を持つ。彼は偶然出会った少年シーマ(ペータル・コラッチ)を養子に迎え、19歳になったシーマはイリヤの仕事を継ぐ準備をしていた。大事な息子を人殺しにしたくなかったイリヤはシーマを運転士にさせまいとするが、息子は養父の仕事に憧れていた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ