ここから本文です

上映中

君がいる、いた、そんな時。 (2019)

監督
迫田公介
  • みたいムービー 10
  • みたログ 17

3.60 / 評価:15件

心の温かくなる傑作です!!

  • gbp***** さん
  • 2020年6月11日 0時30分
  • 閲覧数 421
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

オール呉ロケ映画という事で,呉ポポロでの先行上映を絶対観たい衝動をこらえきれず,観に行きました。しかしこの劇場ノスタルジックで最高ですね。タイムスリップしちゃった!!
今年はこの映画以上の映画は僕の中に現れないのではないか? 舞台はあの呉の円形校舎で有名な学校に通う6年生2人と図書室の司書の女性との友情というか愛情というか,心の繋がりの話をベースに繰り広げられます。そして,それぞれの境遇,例えば主人公の男の子であればフィリピンと日本のダブルであることなどを語りながら,それぞれの心の揺れや関係性を通して語られて行きます。
何て言うか,そりゃ人間だから,長所短所もあり,その時の状況で嫉妬もしたり,心が広くなったり,狭くなったり,良くなったり,悪くなったり,諦めたり,諦めずに戦ったり。そのすべてをひっくるめて深く深く描いてあり,まぁアホほど泣きました。でも泣いてしまうけど,観た後の心にはとんでもなく温かい物が残ります。まさに迫田公介監督の心の中からひねり出された作品だと思いました。今の日本の状況も踏まえられているように思うし,絶妙です。多くの人に観てほしい。傑作です。しかし泣いたわ~。でも心は温かい!!是非!!!!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ