ここから本文です

ミッシング・タワー (2017)

THE SUPER

監督
ステファン・リック
  • みたいムービー 0
  • みたログ 45

2.83 / 評価:36件

ピリッとしまってない。自分のレビューも

  • TとM さん
  • 2020年5月12日 12時26分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

観る前は次々に事件が起こる高層アパートには秘密があるのか?のような、サスペンスもしくはスリラーだと思っていた。
始まりが少々ホラーっぽかったし、ヴァル・キルマーが出ているはずだがなかなか登場しないしで、観る作品を間違えたかと思ったくらいだ。
とりあえず作品間違いではなかったんだけど、オカルトものなのか殺人鬼ものなのかあやふやな感じで進むホラーのような作品だったね。

見終わってよくよく思い返してみるとストーリーはかなり良かったと思ったのだが、面白味という意味ではかなり足りなかった。
細かい仕掛けが散りばめられてて、謎を解く鍵がいつくもあるんだけど、肝心の謎が謎っぽくないというか、これってどういうこと?あれってなんだ?のような疑問が沸いてこないんだよね。
観ている間のわからない出来事は多いんだけど、なんかすごくどうでもいいことのような気がして、謎に対する驚きが全くなかった。

諸々の原因は真相のミスリードに失敗しているせいだと思うんだよね。
数々の事件の犯人は誰なのか、出てくる人物みな怪しいみたいな感じが欲しかったな。オカルトだとしても殺人鬼ものだとしてもね。
覗き穴の存在とかから考えるに、本当はあったはずのミスリードを削ったような感じがした。
あまりに一瞬で、このエピソードいるか?という気にしかならなかったよね。
尺が短いのは結構なことだけど、それでつまらなくなるのでは意味ない気もする。

あとは、ヴァル・キルマーが主役だと思っていたから、明らかに主役ではなかったのは個人的に残念。
おいしい役ではあったけど良い役ではなかったと思うし、いつ以来かわからない久々のヴァル・キルマーが単なる老人のようで寂しい気持ちになった。

それと、ウクライナの黒魔術ってのが気になったね。何でウクライナに限定されてるんだ?特別な何かがあるのかな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ