ここから本文です

エンテベ空港の7日間 (2018)

ENTEBBE/7 DAYS IN ENTEBBE

監督
ジョゼ・パヂーリャ
  • みたいムービー 80
  • みたログ 190

3.21 / 評価:126件

実話基調の映画にて、史実を知る。

  • levina さん
  • 2020年4月28日 1時43分
  • 閲覧数 542
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

イスラエルのテルアビブ発のフランス旅客機を乗客を人質にジャックした、パレスチナ解放人民戦線(PFLP)の4人。そのうち2人はPFLPに紛れ込んだドイツ人。
ウガンダ共和国のエンテベに降り立ち、捕われている同志の解放とパレスチナの解放の2つの明確な目的を目指したテロ事件である。物語内に挟み込まれたアーティスティックなダンスシーンは視覚的にスパイスになっていて良いような、また優雅で滑らかな流舞は関連性を感じずに煩い悪印象の2局面を有するように感じた。この感じが視点の転換をかんじゃさせたなら、監督の狙いにまんまと嵌った事なのでしょうが、私はそう感じなかったなぁ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ