ここから本文です

音楽 (2019)

ON-GAKU: OUR SOUND

監督
岩井澤健治
  • みたいムービー 89
  • みたログ 151

4.15 / 評価:108件

まさに音楽、音が出ればそれでいい

  • cge***** さん
  • 2020年6月2日 21時38分
  • 閲覧数 440
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

初めて音を出したその瞬間。初めて他の楽器と合わせたその瞬間。バンド経験者なら分かる、確かな感動がある。

主人公たちは、1音のみで、その感動と共に突っ走る。

数ある音楽映画でも、あんな工夫1つない演奏で当事者も周りもいいじゃん!いいじゃん!ってなってる作品はない。

でも音楽って、音が出た瞬間から始まっているのだから、誰でもできるし、誰でもあの感動を味わえる。それでいて森田みたいに音楽に精通したやつがいて、可能性という道も見せてくれる。音楽してる人してない人、誰一人置いてきぼりにはさせない。

そして特徴的なあの 間 !

通常の間を何拍も外して、これ以上待てるか待てないかギリギリのタイミングであの独特なセリフの数々。
普通なら気持ち悪いはずなのに、途中からそれが快感になっている。尺も稼げるし、いい!

あの絵柄なのに、ていうと失礼かもだけど、途中から亜矢がすごく可愛く見える。
照れる所とか、ラストは最高!

ライブシーンのお客さんの風景やノリは流石リアル。
自分は正直ケンジたちの音楽で身体を揺らすことは出来ないし、ポップスに慣れ親しんだ人からすると、あんなんでノれるか?て思うかもしれないけど、ああいう場所には本当にあれで横ノリできる人がいるんですよね。

フジロックみたいな服装で参戦するような規模のフェスかな?とはおもったけど笑

本当に音楽を愛すかたちを表現した映画でした!素晴らしい!!!!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ