ここから本文です

SHADOW/影武者 (2018)

影/SHADOW

監督
チャン・イーモウ
  • みたいムービー 72
  • みたログ 288

3.50 / 評価:225件

ケレン味と映像美

  • yam***** さん
  • 2021年2月5日 16時33分
  • 閲覧数 140
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

色彩を人肌と血の色だけに限定して設計した美術、衣装、セットが、
水墨画の世界の様で素晴らしい。
 三国志時代の設定だと言う事だが、史実を大きく離れて陰謀渦巻く宮廷劇と敵国との駆け引き、影武者として育てられた主人公と人妻との隠微な不倫とそれを除く仕掛けで覗く夫。優柔不断で遊食に溺れる暗愚の王と妹ぎみ。駆け引きに明け暮れる側近達。それらが織りなす隠微で耽美的な物語を楽しんで貰いたい。
 その全てが複雑に絡み合ってクライマックスの戦闘シーンに雪崩れ込んで行くスペクタクル。繰り返しがクド過ぎたHEROや lovers、よりも映像美と物語が噛み合って居たと思う。
 竹筒に酸素を仕込んだアクアラングボンベとか、鉄製の傘に仕込んだ飛び道具とか、日本映画忘れた稚気溢れるギミック続出で、コレを非科学的だと物理法則に合わないなどと言う意見は、武侠映画を何だと思って居るのだろうか?
修行を積めば空も飛べる世界観で成立する物語ですからね。
 傘を歌舞伎のお練りの様に動かすのも、面白い。
 理屈に捉われずにスーパーマン的な武術家の殺陣をもっと楽しんだら、武侠世界の面白さに浸れると思います。そう言うのを好きな人には、ワクワクする様な面白さです。
 役者は、皆さん、口跡も良く台詞回しが堪能できる。
影と都督の一人二役の主人公も、その妻も、暗愚の王も台詞の発声が、本当に素晴らしい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ