2020年8月21日公開

1302020年8月21日公開
糸
3.6

/ 3,058

30%
29%
22%
10%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

北海道で暮らす13歳の高橋漣(菅田将暉)と園田葵(小松菜奈)は、互いに初めての恋に落ちるが、ある日突然葵の行方がわからなくなる。彼女が養父の虐待から逃れるために町を出たことを知った漣は、夢中で葵を捜し出し駆け落ちしようとする。だがすぐに警察に保護され、葵は母親と一緒に北海道から出て行ってしまう。それから8年、漣は地元のチーズ工房に勤務していた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(664件)

泣ける28.8%切ない22.8%ロマンチック13.4%悲しい9.3%かわいい5.9%

  • ぷー

    2.0

    ネタバレ泣けるには泣けたが

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mor********

    1.0

    すっっっごいつまんなかった

    時間返して欲しい

  • zui********

    5.0

    すごく良かった。感動しました

  • kei********

    1.0

    ネタバレ中島みゆきの糸を語るには浅すぎる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • par********

    4.0

    ツインレイの物語

    まずは、W主役の菅田将暉、小松那奈が魅力的で目が離せない。中学生の頃は、菅田の方が、輝いていて、小松の方は家庭での虐待で静かな少女。しかし、成人してからは菅田の方が、田舎の変わり映えしない生活、小松はシンガポールでネイリストの法人を立ち上げ、華やか。その二人の変貌ぶりが、なかなかいい。菅田は、小松を守れなかったことが傷になり、自信を失ってしまった感があり。小松は、逆に菅田に守られているって思いで、外に羽ばたいていくように見える。  友人の結婚式での再会では、小松に斎藤工のパトロンがいて、一緒になれる要素なし。小松が母親に再開したいと思って一緒に函館を訪れる時は、二人にそれぞれ相手がいて、繋いだ手を放してしまう。男女が出会うには、タイミングが大事だっていうのは、本当にその通りだと思う。  菅田の妻が子どもを残しながら、癌で死んでしまうこと、小松がパートナーの山本美月に裏切られて破産してしまうのは、都合がよいようにも思えるし、運命的にも見える。最良の出会いのためには、二人とも色々と経験をする必要があるってことか。  小松が、シンガポールで一緒に仕事しないか誘われて、そこで、子ども食堂の方を選ぶのは、少し唐突感有り。おばさんが、あの子はどうしているか。もう一度会いたいなって言っているにしても。自分には、もう帰る場所がないって思っているからこそ、世界中を歩き回りたいっていう生き方を選択している。逆に、自分にも帰る場所があるって思えてたらっていう描写が欲しい所。自分の原点を見つめなおそうと思ってとならないと、不自然かな。  子ども食堂の倍賞美津子が、菅田の娘を菅田が迎えに来た時、小松に対して、追いかけて、お母さんが亡くなったんだよって伝えるのは、一番、不自然だった。二人の中学時代を知っていればこそ、田舎であれば再会させるのが自然だろう。  娘から小松らしき人が帰ってきたことを聴いて、娘を追いかけるのは、「どんぐり」を投げつけられ、その声に従ったもの。その声に従って生きてきたから。rただ、よっぽどでないとできないこと。しかし、美瑛から函館は、あまりにも遠すぎる。間に合うかな?(娘が帰ってきてから、そんなに時間が経っていないなら有りうるか)  フェリーに乗らずに、カウントダウンは、もう少し違うエンディングが良かった。二人が中学時代のことを、少し思い出してっていうシンクロはあっていいけれど。一度は、菅田が小松を見つけて、すれ違うとか、やきもきさせ過ぎ。演出凝り過ぎて、不自然になってしまった。あのシチュエーションで、小松がフェリーに乗らないのはない。(残るのであれば、中学生の時と同様、もう少し残っていたいっていう件が欲しい)もしくは、ステージに上がって、マイクを奪って「葵ー!」て叫ばせるとか。  平成、令和と描きながら、時代の流れに影響を受けながら、出会う人にも変化が生じていく。時代背景、人と人との縁、偶然が重なって、出会うべき時と出会い方が決まっていく。そんなことを描こうとする意欲を感じた。  その中で、お互いがお互いに一番好きで特別な存在なのだけれど、状況が許されないから、結ばれなかったことを前提にしないと、理解しづらい映画。二人が、ツインレイという存在って思えば、理解できる映画。その人のためだったら、何でもできるって思えるのがツインレイの関係。そして、ツインレイこそが、様々な試練を乗り越えてこそ、初めて出会える存在と言われている。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日