2019年9月6日公開

ヒンディー・ミディアム

HINDI MEDIUM

1322019年9月6日公開
ヒンディー・ミディアム
3.7

/ 59

24%
37%
31%
7%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

妻ミータ(サバー・カマル)と娘ピアと暮らすラージ・バトラ(イルファン・カーン)は、デリーの下町で結婚衣装を扱う店を開いている。夫妻は娘の将来を考えて進学校への入学を計画するが、学校は親の学歴や、住んでいる地域も選考の基準にしていた。高学歴とはいえない二人は、高級住宅地に引っ越してまで面接を受け、全て落ちてしまう。落ち込む夫妻に、所得の低い人のために入学の優先枠を設けている進学校があるという話が舞い込む。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(15件)

笑える14.3%切ない12.2%勇敢10.2%楽しい10.2%泣ける8.2%

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレインドの“お受験”も大変だなあ~

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • has********

    3.0

    ネタバレインド映画にも駄作はある

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ACHT

    1.0

    つまらない

    なにこれ?インドの社会を知らないのでわからないのでしょうが ちっとも面白い感じがしない このお父さんお店の仕事全然してないよ? それで売上だけ自分のもうけ?下町の服屋さんでしょ?そんなに儲かるの? 湯水の如くお金使ってるけどどんだけお金あるの? そもそも奥さんが暴走しちゃっておかしくなってるのに最後は収まっちゃって 消化不良もいいとこ なんでしょう?予算の関係もあるのでしょうが、シナリオからつまらないのを無理やり作ってる感じ、数年前のハリウッドもそうでした たいしたことない話を無理やりいい話っぽく作ろうとするから無理が出てくる おすすめはしませんがあまりに暇でやること無いならみてもいいです 見終わったあとものすごいストレスと言うかイライラが残りました

  • yn

    3.0

    続編はイルファンカーンの遺作に。

    追悼:イルファンカーン。 ハリウッド映画でもたびたびお見かけしてましたが、 今作でじっくり観察したけど彼は足も長くてスタイルが良いのね。格好いい。 格好いいのに気のいい優しい親父役が馴染んでて見ていて楽しい。 やっぱりインドって今もカーストや貧富の差が大問題で、 でも富裕層は同じ国内のことなのにどこか他人事のようで。 こういったエンタメで楽しませつつ考えさせるきっかけを…ってことなのかな。 最後の方は言葉悪くいえば説教くさい感じだった。 けれど全体的には楽しい映画。 不正したのにこんな終わり方でいいのかなとも思うけど 校長も黙認って感じだし、問題は根深い。 ちょっと疑問なのは衣装屋さんの社長であそこまで大金持ちになれる??? ってくらいバブリーだった。 あと「あなたの名前を呼べたなら」のティロタマ・ショームが出ていたのが嬉しい。さすが英語の発音がきれい…。 続編も見たいな。

  • xss********

    2.0

    ネタバレ親心が暴走

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ヒンディー・ミディアム

原題
HINDI MEDIUM

上映時間

製作国
インド

製作年度

公開日