2019年10月25日公開無料配信

T-34 レジェンド・オブ・ウォー

T-34

1132019年10月25日公開
T-34 レジェンド・オブ・ウォー
4.2

/ 621

42%
41%
13%
1%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

第2次世界大戦中、ソ連の新米士官イヴシュキンは初出撃で健闘したが敗れ、ナチスドイツの捕虜になってしまう。彼が戦車の指揮官であることがわかると、ナチスの戦車戦演習のためにソ連軍の戦車T-34を操縦するよう命じられる。戦車の整備と演習の準備期間をもらったイヴシュキンは、捕虜仲間たちと隊を組む。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(135件)

勇敢21.6%かっこいい19.2%スペクタクル16.3%楽しい7.9%知的5.5%

  • nex********

    1.0

    戦争ファンタジー

    プロットも戦い方も現実にはあり得ないファンタジー。戦車を使ったビデオゲームと思えば失望することも少ないかも。

  • iba********

    5.0

    お勧めです!!

    登場人物、全員が素敵!! ロシア映画と油断していたが、これは良作。 主人公と共に行動する俳優達、個性があってかっこいい。 戦車砲の演出もこれまでに無い迫力があって、敵戦車との駆引きも良い! 久々に当たりの映画です!

  • Wildside

    4.0

    ベストオブ戦車戦映画

    物語はいたって単純明快。「戦う」「捕まる」「逃げる」「戦う」。 コレだけだとつまらなそうですが、映画の半分は占めるであろう戦車戦の描写が秀逸すぎるんです。迫りくるスローモーションの砲弾。敵と向かいあって秒を争って砲身を向けあう緊張感などなど、ベストオブ戦車戦映画を差し上げたい。 その中に戦う漢同士の絆や、敵ながらあっぱれと認めた時に相手に払う敬意の描写はグッとくるものがあります。日露戦争を描いた邦画「二百三高地」なんかでも敵兵と酒をやり取りする場面がありましたが、生死を賭けた戦いの中でのこういう場面というのは感動しますね。上杉謙信が宿敵の武田信玄に塩を送ったという逸話が残ってるくらいですから、はるか昔からあったのでしょうね。ビバ・人間。 なので特に物語に捻りがあったり、伏線回収みたいなものは皆無ですが、戦いのみに焦点があてられて逆に良かったかもしれません。 そんなに激しい反ナチ的な描写も、グロい描写もありません。単純明快なストーリーと戦う漢たち。そして何より最高の戦車戦アクションはお子様(男の子限定かな)にもオススメ出来ますよ!

  • fu1********

    4.0

    ネタバレ超エンタメでした

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • k2b********

    5.0

    良い映画でビックリ

    正月早々全くの時間潰しで偶然見ましたが、正直に唖然としました、良くて。 一番良いには、ロシア映画でも独軍の扱いが酷くありません、敵の将校も真面な軍人です。 残酷な戦死のシーンも有りません、T34戦車も無敵でなくリアルらしい?描写で、マニアも見れそうです。 映画の登場人物や軍人としての位置付けにも無理が無く、好感持てます。 挙句に、軽ーく紅一点の登場で一休み出来る等・・何処の巨匠が監督したものか? これ普通にロシア映画のレベルとしたら、凄いです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
T-34 レジェンド・オブ・ウォー

原題
T-34

上映時間

製作国
ロシア

製作年度

公開日