2019年11月1日公開

CLIMAX クライマックス

CLIMAX

R18+972019年11月1日公開
CLIMAX クライマックス
2.9

/ 120

13%
23%
29%
13%
22%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1996年のある日、著名な振付師によって、人里離れた建物に22人のダンサーが集められる。建物には電話がなく、携帯電話の電波も届かず、外は雪で覆われていた。最終リハーサルを終えたダンサーたちは、パーティーを開いて大量のサングリアを浴びるように飲む。しかし、何者かがサングリアにドラッグを入れたため、ダンサーたちは次々とわれを忘れた状態になる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(38件)

絶望的19.1%恐怖17.0%不気味14.9%パニック12.8%セクシー9.6%

  • kuuuumaaaaaaaaa

    1.0

    "芸術"の押し売り

    良かった点は「まさに地獄だ」と思えたところと のちに調べて分かったが、しっかりとした脚本はなく、出演者がほぼアドリブ演技なところ。 しかし全体的に「凝ってる=芸術」だと思ってる素人レベルの人の作品という印象。 これが賞を受賞するのか...苦笑 冒頭のインタビューシーンでフランス映画と分かってから最悪を想定していたが、予想通り最悪。 カメラを逆にするのも、無駄なシーンが多すぎるのも、照明を赤くするのも、まさに厨二病の【自称:鬼才】 フランス映画全てを叩く気はないが、フランスは芸術の国と自負しすぎる国民性から察しがついてしまい、 「もしかして....いや、そうじゃないことを祈ろう」→結果予想通り。 実話からインスパイアされたと話しているが、この時代にネット上、探しても類似する事件すら出てこないのも不思議。

  • kkk********

    1.0

    なんじゃこりゃ!!

    最高につまらない、退屈な90分。我慢して最後まで観た自分を褒めてあげたい。この監督、スタッフ、キャストはもう映画はクライマックスにした方が良いかと。

  • tatitukusumaegam

    2.0

    個人的に合わない映画でした…

    疲れました、色使い、踊りの速さ、後半の胸が悪くなる場面展開に…。(このテの作品は自分には合わないことが分かっただけ良かったです…)

  • shi********

    1.0

    ツマラナイの完成形

    最初から最後まで、ツマラナイを追求したかのような映画。意外と他の方の評価が高く驚きました。  よくよく見ると登場人物ごとの伏線のようなものがあったり、ダンサーはプロを使ったりとしているようですが、ガチで分析しようとしてみなければタダのドラッグパーティーの映像でしかないものです。  ダンスシーンを評価する方もいるようですが、設定がリハーサルシーンだからか舞台や衣装もなく、カメラワークも単調。普段我々がテレビやYouTubeで作品として見るダンス映像と比べるとかなり見劣りすると思いました。  カメラワークが映像酔いするものが多く、後半の映像は唯々汚い。ホラー映画のジャンルとなっていましたが、ホラー要素は皆無です。一応申し訳程度に人死にがでます。実際に理由もわからずにお酒にドラッグが混ざっていたら怖いなというだけの話です。  ご視聴される際は時間を無駄にする覚悟が必要ですのでご注意ください。

  • yrh********

    3.0

    ダンスとバッドトリップ、悪夢の一夜

    Netflixで鑑賞。ギャスパー・ノエ作品の中では見やすい部類だと思う。尺もタイトだし。 ダンスパフォーマンスのリハシーンは見応えがある。ソフィア・ブテラ以外は全員本物のダンサーとのことで、いろんな種類のダンスが見られる。 統率された美しいフォーメーションと鍛え上げた身体能力を見せつけられた後、無秩序な狂乱の一夜がやってくる。誰かが酒にLSDを混ぜたらしい。バッド・トリップにたうち苦しむ様は見てられないのだけれど、暗黒舞踊っぽくもあって芸術的といえば芸術的だ。 筋らしい筋といえば、「誰かが酒に薬物を仕込んだせいで全員パニック」と言うだけのことなのだが、冒頭のダンサーたちのインタビューにも、後の阿鼻叫喚の伏線がバチバチに入っていたりして、よく出来てるなと思った。インタビュー場面のTVの周りに積んであるビデオや本のチョイスも目配せになっている。 彼らは薬のせいで別人格になってしまうわけではなく、「シラフの時から垣間見える危ういところ」が丸出しになり凶暴化する、という風に見える。セックスのことばかり言ってた人は性的な行動に出るし、発言が暴力的だった人は暴力をふるう。「このお兄さん、妹にベタベタし過ぎでは」と見えた兄は妹をレイプしようとしたりするのだ。ドラッグ表現がどの程度リアルなのかよくわからないが、怖い話だと思う。 特に後味が悪いエピソードは、たまたま巻き込まれてしまった子供の悲劇だろう。映像でこそ見せないものの、本当にイヤな気持ちになる。 オチで犯人がわかっても、「なぜ?何のために?」と謎が深まる。あの犯人は本当に何がしたかったんだろう(ドラッグは嫌い、というインタビューの前振りが効いてくる)。悪魔的に、ただカオスを引き起こしたかったのだろうか。 面白いかと言われたら「うーん」と困ってしまうけれど、不思議な映像体験だった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
CLIMAX クライマックス

原題
CLIMAX

上映時間

製作国
フランス/ベルギー

製作年度

公開日