ここから本文です

チャーリー・セズ/マンソンの女たち (2018)

CHARLIE SAYS

監督
メアリー・ハロン
  • みたいムービー 20
  • みたログ 56

2.93 / 評価:41件

心酔は時に恐ろしい

  • Yoshipy Happy さん
  • 2020年6月10日 19時02分
  • 閲覧数 370
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

チャールズ・マンソンのことは
殺人者であるということは知っていたが詳しくは知らなかった。
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
を鑑賞したばかりなので、色々なことが繋がった。

社会活動を放棄し、欲望のままに生活することを
「自由」と言って若者たちを洗脳する。
そんな首謀者をカッコいいと心酔していく者がいた。
普通の感覚であれば、何もかもが矛盾していて
何もかもがおかしな世界だと気づくのだろうが
心が弱っているときに、人はそういう者に
心酔していくのだろう。恐ろしい。

薬とセックスに溺れている人間に
周りの正常な人間が何を言ったところで聞き入れられるわけがない。
それでも、こんな凄惨な事件が起こる前に
誰か救いの手を延べることができなかったのだろうかと
悲しくなってくる。

いや、実は度重なる救いの手はあったにも関わらず
その手を振り払い続けていたのは弱い自分であったと
後から気づき、後悔したのだろう。

誰かに心酔することは悪いことではない
しかしその“誰かのしていること”は本当に正しいことなのか
他の誰かを傷つけることではないか、悪しきことではないか
よく考えることは必要である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ