フローズン・ブレイク

OTRYV/BREAKAWAY

85
フローズン・ブレイク
2.6

/ 55

2%
18%
36%
27%
16%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(12件)


  • mkk********

    2.0

    『フローズン』リメイク? 雪山に置き去りにされるシチュエーションスリラー

    山は命を奪う。登場人物も言っていますが、この作品ではこのあと思いもよらぬ展開で命が危うくなります。 雪山、リフト(こっちはゴンドラ)、途中で宙吊り。「フローズン」と似通った設定に既視感。タイトルまでそのまんま。もしかしてリメイク? ゴンドラよりもリフトの方が絶望感あるからその辺も「フローズン」に軍配があがる。 宙吊りにされるも、置き去りにされているとは知らず新年お祝いのパーティを始める登場人物たち。翌朝にようやくおかしいことに気づく。 雪山のスタッフたちも異変に気づくが、新年ということで修理に日程がかかるという展開。 主人公たちは自力で脱出せざるを得なくなり...。 全体的にBGMおうてるん?て思ってしまうシーンが多くて突っ込みたくなる。 割れる窓ガラス、開かなくなる天井。ゴンドラってこんなにボロいの?って思った。 特にBGMが酷くてお笑い映画を見た気分でした。 B級映画の連鎖は止まらない...。 誉められるのは時間が短いとこだけ。

  • s_t********

    1.0

    何故ロシア版を作った?

    アメリカ版フローズンの後、正式なリメイクかどうかはわからないけど、 ほぼ同じシチュエーションの映画。 リフトとゴンドラの違いはあるけど。 普通、リメイクや丸パクリ映画を作るならば、原作を超えなきゃ!! 遥かにダサい登場人物、遥かに稚拙な冷気や取り残されることへの恐怖表現 手袋やアウター無しで普通に行動できる環境ってそんなに冷えてない環境なんだな。 想像するにマイナス3度とか、それくらい? マイナス10度なら、手袋無しで金属の梯子なんて触れないぞ! 私自身スノーボーダーだし、リフト乗車中の故障にも遭遇したこともあるので、 米国版フローズンも完璧とは言えない映画ではあるけれども、☆3くらいは付けられた。   でも、本作品は断トツの☆1 ストーリーも演出も一切評価に値しない!

  • kan********

    1.0

    感情移入できないから微妙かも…

    そもそもが自業自得すぎて全く感情移入できない。 だからなのか「頑張れ!」って応援もできないし、苛立ちもあって「ながら見」で丁度いい感じです。

  • あーるびー

    1.0

    ネタバレデブがいつのまにか死んでる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いぐな

    3.0

    B級映画としては面白いほうじゃ

    そこまで突っ込みどころがなく、 B級映画としてはよくできてる方では。 参考元のフローズンより好きかも。 極寒のゴンドラで閉じ込められた中、 どう生き残るかというサバイバルより 発狂した一人をどうするかってのがメインになっちゃってますけど。 事故の原因をおばさんがたが見つけるシーンを まるまるカットしてるのはちょっとビックリした。

  • nak********

    3.0

    画面が暗い、音楽が変、評価B

    冬山の宙吊りゴンドラ内のパニック。 ストーリーは、まあまあ。 作りが雑で、どうなったの?がよくわからないまま、終了。 普通、ラストは感動するのだが、感動なし。 ただ、途中でみるのをやめようとは思わず、最後まで観た。

  • Real king

    2.0

    ネタバレそんな薄着で大丈夫?!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pat********

    4.0

    アレ?面白いぞ

    ロシア製のB級モノと思いきや侮るなかれ、なかなかのクオリティの映画だった 年またぎイベントという最中無理いって発車したロープウェイが途中で止まるというありそうな設定、別作品だがフローズンというリフトが途中でとまってしまうというさらに最悪の設定の映画があったがこれはそれよりはマシな状況かと思いきや、一緒の仲良しグループの一人が性格最悪のやつで自分が助かるためならとヒロインに襲いかかります、むしろ今までよく仲良くやってきたなと思うのだけどまあ密封空間での仕掛けお約束といえばそうなんだけど、それが緊張感に拍車をかける、低予算かと思いきや、雪面が大きく崩れるとこなどなかなかの迫力、うおっと思うシーンがけっこうあり、なかなか侮れない作品となっている 欲を言えば最後の最後主人公がなんとか知恵を絞って、もしくはヒロインが頑張って劇的な助かりかたをしたのなら☆5点だったと思う そこは少しもったいないかなと思った でも全体的に見て面白い作品、おすすめです。

  • ang********

    4.0

    ネタバレ低予算・C級「極寒バニック」なれども。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • みん

    3.0

    面白かった

    デブのロマは最初からキモくて不快だった。でもこういうキャラって必要だよね。 痛々しい描写もありますが、とにかく寒い。是非暖かい環境で視聴していただきたい・・・っていうか、真夏に涼む為に観るのが適切かもw 私は「フローズン」よりこちらの方がいいな。「フローズン」は寒さよりも狼怖いって話だからなw

  • たまごロール

    4.0

    寒いし痛いし。

    ロシアの作品。吹雪の中ロープウェイに閉じ込められるという、短尺・ワンシチュエーションのサスペンスです。 こういう作品は、いかに不自然さを感じさせずに孤立した状況を作れるか、と閉じ込められるひとのキャラクターと関係性を手際よく「閉じ込められるまでに」説明出来るかがカギになります。 脱出するまでの演出もややテンポが鈍い気もしますが、どんどん追い詰められていく過程がよく出来ています。  こういう映画は「ロストバケーション」もそうでしたが、そういう描写が本当に必要なのか疑問ですが、とにかく痛そうなのが印象に残ります。 ただ、4人の関係性と極限状態での心理描写が弱いです。もともと悪い奴なのか、追い詰められて凶行に及んだかがあいまいで、緊張感がそがれてしまうのが唯一残念なポイントです。 小さな劇場の舞台で演じても面白い脚本になりそうな、掘り出し物です。 でも、どういう事情なのかわかりませんが、音楽が全く物語に不要。とにかく邪魔(苦笑)です。

  • out********

    4.0

    コンパクトに観れるスリル

    フローズンのロシアリメイク?かと思いましたが、話の内容は随分と違いました。 大晦日を山頂で過ごそうと無理を言ってロープウェイを動かしてもらう若者たち。 それが途中で止まってしまったら…という話。 基本パーティ野郎たちだけど、3人は割とまともな感じで一人厄介そうな人が居て、色々なドラマを巻き起こします。 こういう映画に求めるのは、意外な展開やあっと驚く賢い脱出など。 そういう意味ではトンデモ映画でもなく無難な展開。 よく言うと超人的じゃない人たちの話としてはまあキチンと纏めてる方かなと。 でも低予算とかそういうのを踏まえて、うわ、寒そう!痛そう!きっつ!みたいに気軽に観れる人なら十分楽しめると思いますよ。 自分としてはフローズンの方が上かな。

1 ページ/1 ページ中