2019年11月1日公開

キューブリックに魅せられた男

FILMWORKER

942019年11月1日公開
キューブリックに魅せられた男
2.7

/ 11

18%
0%
45%
9%
27%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

イギリス人俳優のレオン・ヴィタリは、『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』に衝撃を受けて以来スタンリー・キューブリック監督を崇めていた。彼は信奉する監督の新作『バリー・リンドン』のオーディションに全力で挑み、見事パスする。撮影を通して監督の信頼を得たレオンは、撮影終了後に俳優からスタッフへの転身を決意する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(1件)

コミカル33.3%楽しい33.3%切ない33.3%

  • tos********

    3.0

    「映画に仕える人」に仕える希少な人

    キューブリック作品に魅せられた、役者レオン・ヴィターリ。「バリーリンドン」で念願の出演を果たす。役者として評価されるも、その期待された将来を捨てる。彼は映画だけじゃなくその製作ぶりにも魅せられ、裏方になってキューブリック作品をずっと支える。  以前観た「キューブリックに愛された男」は、作品のことをあまり知らない専属運転手のドキュメンタリーでした。それとは対照的に、作品制作までにのめりこんだ、あるスタッフのドキュメント。その貢献ぶりに、驚きました。映画化されるのにふさわしい、希少な人です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
キューブリックに魅せられた男

原題
FILMWORKER

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日