2019年10月5日公開

ホームステイ ボクと僕の100日間

HOMESTAY

1362019年10月5日公開
ホームステイ ボクと僕の100日間
3.7

/ 74

22%
42%
24%
8%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(14件)


  • pir********

    4.0

    さすがジェームズさん

    主役ジェームズさんの大ファンです。どの作品でも難解な役を高い演技力でこなされるのでありえない設定でもぐいぐい引き込まれます。本作品も良かったな。高校生活を普通にエンジョイするミンも良かったし、事実に慄くミンも良かった。 内容については許すことの大切さを改めて考えさせられました。事実は変えられようがないけれどもそれをどうとらえるかで自分の在りようが変わってしまいます。よく考えたいですね。

  • mas********

    4.0

    タイ映画にハマりそう

    今月観た「バッド・ジーニアス」でタイ映画のポテンシャルの高さに驚かされて、次に評価が高い「ホームステイ ボクと僕の100日間」をアマプラ鑑賞。 こちらも想像を凌駕したクオリティだった。 ロケーションやアングル、画角内要素、すべての映像に工夫が感じられ、どのシーンも面白く、絵画のように美しい。最初のビルの壁シーンから凝りに凝っていて、一気に物語に引き込まれた。 何らかの理由で死んでしまった主人公が、自殺した高校生の体に100日間だけ乗り移り、彼の自殺の理由を探るというストーリー。 タイトルからコメディ映画を想像していたが、コメディ要素は皆無で、かなり本格的なサスペンスミステリーだった。 序盤は、人生を取り戻した主人公が恋に部活にと高校生活を謳歌する展開。日本のフワフワ学園恋愛映画を観ているようで(シーンのクオリティは段違いだが)、おじさんには少し退屈であくびが出た。 しかし中盤にキーアイテムとなるノートパソコンを見つけてからは、ムードがガラッと変わる。 次々と真実が明らかにされていくサスペンス展開に、一気に物語へ引き戻される。いや、構成が上手い。 ちょっと哲学的というかフワッとしたラストには正直釈然としないが(サスペンス的な論理的な解答はない)、不幸まっしぐらに突き進む主人公を、しっかり暖かい場所へ引き戻したグッドエンドだった。 タイ映画は2作目だが、今のところハズレなし。次はアマプラのサジェストに挙がっている「すれ違いのダイアリーズ」を観よう。ハマりそう。

  • チロ子

    4.0

    ネタバレボクと僕

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bat********

    3.0

    ネタバレ展開が予測不能すぎてびっくり仰天しました

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Cakewalk

    3.0

    ヒロインの女性は可愛いな

    Youtuberのもっちゃんが勧めてたから観てみたけどストーリーはちょっと期待しすぎたかな。

  • yamadakenta

    2.0

    ネタバレ話が暗い 日本でGっていいのかな?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fpd********

    3.0

    いくつかの”なぜ”がそのままに

    若者が通るであろう、せつなさや純粋さ、生きていくことの葛藤を、ファンタジーに、ときに切実に描いていて、観る者を引き込んでいく。ただ、いろいろな疑問、肝心の ”なぜ”そうなってしまったのか、が置き去りにされたまま進んでしまって、少しわかりにくかったのが残念。

  • Dr.Hawk

    5.0

    ネタバレあなたには人生を輝かせる色がありますか?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • osa********

    4.0

    いいね

    事前情報はバッドジーニアスの製作チームの作品てことくらい。 結果、おもしろかった。 設定が日本の作品っぽいなあと思ったら、 森絵都って人の作品がオリジナルらしい。 ので、さっそく翻訳で購入。 カラフルって作品名でした。 映画は個人的に好きな設定や展開だったのでめちゃ良かったです。 ヒロインの女優さんがめちゃかわいかったです。 見た後に余韻が残るといい作品だと思います。 少しマイナスはいまいち主人公の自殺の理由に感情移入できないことです。 その点で評価わかれるかもしれませんね。 ☆4.0です。

  • sou********

    5.0

    青春のメルヘン、映像美、不思議な体験

    ある男子高校生が自殺したが、蘇り、自殺の真相を探る。 いろんな苦難、苦悩があり、自殺した真相がわかっていく様が面白い。 主役の男子高校生がチャーミング。彼女が美少女。その男子高校生を一途に好きな友達役の女子が可哀相。男子高校生の家族はバラバラ。日本のカラフルという 原作が良くできているから、面白いよ。映像美が素晴らしい。雨が素晴らしい。万華鏡が素晴らしい。一見の価値あり。

  • cas********

    3.0

    ネタバレわかりにくかった ヒロインはかわいい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ken********

    4.0

    話はけっこうダーク

    死んだはずの魂が自殺した高校生の肉体へ。 ちょっとホラーっぽく、話は高校生には重いダークな世界。でも客観的に向き合っていければだね。 構成的には、わかりづらかった。 ヒロインの女の子可愛かったです。

  • han********

    1.0

    B級映画

    評価が高いし近々タイに一人旅するので、これは観るしかないと思った。 序盤、B級映画の匂いがプンプンしたが、これから良くなると思った。 しかし、最後までB級映画だった。 500円以下が妥当だと思う。

  • you********

    5.0

    タイ映画のクオリティに驚く

    舞台挨拶に行って来ました。主演の二人の初々しさもさることながら、タイ映画の今を知るよい機会になりました。 甘い青春映画と思いきや、ちょっとショッキングなシーンも多い、SFサスペンス、といえばいいのでしょうか。意外性のあるストーリーでした。 冒頭の映像は、マトリックスを観た時に感じたような「観たことのない」映像でとてもクオリティ高かったです。 サスペンス映画と爽やかな青春映画の2つを一度に楽しめてしかもちゃんと一本の映画として淀みなくシナリオが練られていて、完成度が高い映画だなと思いました。 陽気な微笑みの国、タイの抱えてる暗い部分というか、そういう面も知ることができました。 チャープランの体当たりの演技もとってもよかった。やはりアジアの才女だと思います。いつか世界を舞台に活躍するんじゃないかと期待してます。

1 ページ/1 ページ中