ここから本文です

アルプススタンドのはしの方 (2020)

監督
城定秀夫
  • みたいムービー 99
  • みたログ 385

4.19 / 評価:304件

ワンシチュエーションこそシンプルに

  • やんすけ さん
  • 2020年8月19日 20時12分
  • 閲覧数 656
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

舞台原作(しかも高校の演劇部の顧問が書いた作品)であることを映画の鑑賞後に知りました。題材としての着眼点が良いし、よく練られた会話劇でなかなかに面白い作品に感じました。

舞台が原作というだけあって、(ほぼ)ワンシチュエーションで進む物語。なので野球のプレー場面などはいっさいスクリーンに出てきません。そもそも舞台原作のワンシチュエーションものって、映画化すると失敗することが多いイメージがあります。役者の実力がモロに出るので…難しいですね。『12人の優しい日本人』とか『キサラギ』みたいな傑作もあるけど、上手く映画化できる方が珍しいのかな。今作は舞台版を観てないので何とも言えませんが、ちょっと鬱屈した高校生同士が繰り広げる会話劇として大人目線でも楽しめる良作。余計で過剰な演出とか凝ったカメラワークとかがないのも、この作品には合っていると思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ