2019年7月22日公開

復讐の十字架

ROMANS/RETALIATION

R15+952019年7月22日公開
復讐の十字架
2.7

/ 24

4%
17%
38%
29%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

建て替えをすることになった地元のカトリック教会の取り壊し作業に従事する解体作業員のマルキーは一心不乱に仕事をしていたが、次第に暴力的な言動が目立ち始め、恋人のエマや年老いた母ともうまくいかなくなる。ある日、新たに建て直された教会に司祭が赴任してくると、マルキーの脳裏に少年時代にその司祭から受けた忌まわしい行為の記憶がよみがえり、彼はハンマーを手に教会へ向かう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(5件)

絶望的33.3%切ない25.0%悲しい16.7%勇敢8.3%不気味8.3%

  • aki********

    4.0

    重すぎる十字架

    まずテーマがかなり重い。 主人公マルキーの気持ちは痛いほどわかる。 途中で観るのが辛くなるほど。 救いの手は親友や恋人など いくつも差しのべられるのだけど 主人公が人を信じられなくなった経緯も理解出来る。 ラストは衝撃的ながら、『因果応報』の言葉が浮かんだ。 その後の主人公の人生が、 安らぎとしあわせに満ちたものであることを願わずにはいられない。

  • miw********

    4.0

    ネタバレ罪は、一つではなかった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fg9********

    3.0

    オーランド・ブルームの新境地?

    …オーランド・ブルームの名前が見えたので、観てみる。  …レビュー数は、未だ2件のみだ。  殆ど人目に付かない作品なんだな。  …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでイイだろう。  『建て替えをすることになった地元のカトリック教会の取り壊し作業に従事する解体作業員のマルキー(オーランド・ブルーム)は一心不乱に仕事をしていたが、次第に暴力的な言動が目立ち始め、恋人のエマや年老いた母ともうまくいかなくなる。   ある日、新たに建て直された教会に司祭が赴任してくると、マルキーの脳裏に少年時代にその司祭から受けた忌まわしい行為の記憶がよみがえり、彼はハンマーを手に教会へ向かう。』  で、この神父をぼっこぼこにして、リベンジを果たす話かと思ったら違っていた。  前半は、マルキーの苛立っての他者への暴言癖と、トラウマによるのか痛ましい自虐癖が描かれるだけなので、聊か退屈気味だった。  こん棒とローションを引っ張り出して何をするかと見詰めていると、己のバックグラウンドにズッコン・ズッコンと打ち込むのだった。  『ロード・オブ・ザ・リング』の端正な顔立ちのエルフには、あるまじき行為だったので愕然としたが、これで彼のトラウマの何たるかが分かろうというものだ。  でも、トラウマならば、その行為は唾棄すべきものの筈なのだが、自分の過去と自虐的に向き合うために敢えて自分を鞭打っているのか??と釈然としない思いは残ったものの、彼をトラウマならしめている者は、二重の意味でのファーザーという展開にはゾクリとするものがあった。  マルキーが意を決してファーザーに告解する場面は、双方の苦悩と悔恨が入り乱れて、決闘シーンのような張り詰めた緊迫感があった。  で、この決闘でマルキーは勝利するが、宗教音痴のオイラには聖書の一説を持ち出されると、何故か萎えてしまうんだな~。  パウロの書簡「ローマ人への手紙(12章20節)」が引用されるが、その内容は、「敵が飢えていたら食べ物を与えよ」という譬えで、復讐心など捨てて、善をもって悪に打ち勝てというものだった。  で、この教えを守ることによって、マルキーは過去を清算して新しい一歩を踏み出し、汚穢にまみれたファーザーは、自らを業火に貶めて灰燼に帰すのだった……といったストーリーだ。  「赦し」が一つのテーマなのだろうが、オイラ的には、エルフ様のズッコン・ズッコンが鮮烈に印象に残る……いや、噓です……オーランド・ブルームの新境地を見せられた、一見の価値ぐらいはあったの2.8点といったところかな。  (メモ 総レビュー数:3640件、2020年度83作品目)

  • ぽんちゃん

    2.0

    わかりにくい

    単純な題材なのに、なんでこんな見せ方するんだろう。 復讐な感じじゃない。 それは良いとして 懺悔、復讐といったドラマ的な部分が全て中途半端。 5分でいいところを7分30秒かけてる感じ。 後味も悪いし。 オーランドブルームは童顔で損してるね。 好きになれない。

  • yag********

    3.0

    ネタバレホラーかと思ってた。

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
復讐の十字架

原題
ROMANS/RETALIATION

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日

ジャンル