2020年1月24日公開

サヨナラまでの30分

1142020年1月24日公開
サヨナラまでの30分
3.9

/ 899

43%
23%
20%
10%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(154件)


  • たーちゃん

    5.0

    ネタバレまるで本棚の隅にずっとしまわれていた本が日差しと風を浴びたみたいに気持ち良かった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • drm********

    2.0

    結局壊れんのかよ

    ふー… あいも変わらず画だけは綺麗に綺麗に描いただけの作品がここにも。 この監督の中でひとまず構図があって、それさえ綺麗に撮れていたら満足な感じがするからいちいちシーン毎にカッコつけている感じしかしなくて、うんざり。 だからシーンの中で動きがほとんどない。 大体シーン頭は役者さんが止まっているところから開始しているのも、とにかく綺麗綺麗に撮りたいだけという思惑が見え隠れしている。 それでいてチープなバンドラブストーリーに終始しているのがダサい。 だから歌も響かない。 声も視聴者に届くことはない。 これではもう何度言われているかわからないがPVでじゅうぶん。 それで全然伝わる。 映画にするならばもっとガツンと感情をぶつけてくれ。 音楽も裏声多すぎね。

  • tawasi40

    4.0

    ウ~ン‼️

    青春だね~😀

  • さーたん

    4.0

    若手俳優陣のがんばりがスゴい

    亡くなった人がカセットテープから蘇るという陳腐な設定ながら、音楽を効果的に結びつけることで、なかなか興味深い展開になっています。 新田真剣佑、北村匠海を始め、若手俳優が切磋琢磨して、人物の内面に迫る演技を見せて、作品の質をさらに高めている点も素晴らしいです。 歌もさまになってますし、かなり効果ありますね。

  • kkk

    4.0

    綺麗なメロディ

    ありきたりなストーリーだけど、過去を上書きし、成長していく過程が良い。 曲もこの映画も爽やかで綺麗。

  • shi********

    2.0

    ネタバレファンタジー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sak********

    5.0

    久々に感動しました

    最近ある感動映画は全く感動しませんでしたが、この映画はめちゃくちゃ感動しました。 ヒロインも知ってはいたものの今後活躍しそうな女優さんと思いました。 出てる人皆演技もよく、少しベタな話ですがしっかり感動で終わりました。 やっぱり映画はこうじゃないとと改めて思いました。なぜこのような映画は有名にならないのか不思議です。

  • はなび

    5.0

    なんだ、このキレイな映画は

    なんとなくタイトルだけで観賞… が、なんと素晴らしい! ストーリーも映像も、音楽もキャストも そしてアキも。 一体、何回泣かせるんだ 切なすぎるよ、苦しすぎるよ それでも気丈な姿、優しさだだ漏れ ラスト最高 アキ役がまっけんゆうで良かった 陽キャも、バンドマンも、切ない表情も、色気も、男前も、、全部やってのけた 素晴らしい俳優さんですね。 北村さんも葉山さんも皆さん良かった まとまっていました 仕上がっていました。いい映画でした。 久保田さん、透明感ください。 牧瀬理穂さん!お久しぶりです! 相変わらずおきれいで会えて嬉しかった! この映画に出会えて感謝 キャストの皆さんありがとう とても張り裂けそうなほど 切ない映画なのに、アキのお陰で 明日からも頑張ろうって、前を向こうって思える。いや、アキすごい 追伸2022.3 いよいよサントラ買いました。 サントラ買うなど初めてです。 いい映画だと思って高評価したけど、ここまで好きになってることにびっくりです 今は子どもたちもハマってしまって 映画のライブのとこだけ朝から見てます。 小1の息子は、劇中の”もう二度と”を一生懸命、音を拾って片手で弾いてます。そうたに憧れてピアノを習いたいと言い出しました。 ピアノ教室探さなきゃ、

  • つとみ

    5.0

    美しき幻想

    極端にポジティブな男。過剰なほど他者と距離を取りたがる男。こんな漫画的な二人を中心にした青春三角関係ファンタジーだ。 青春映画とは、自分が若者だったときは自分では観もしなかったのに、若い人が観るものだと思っていた。自分とは違うカテゴリのどっかの誰かが観てるんだろうと。 しかし年をとり、作品に登場するキャラクターと明らかに年代が違うようになると、我が子を見守るような感覚と、作品の中にある青春の欠片を見付けて、自分にもこんな青春があったような錯覚を起こすようになる。 欠片とは、曲を作っているような何かを創作した記憶や、バンドの練習のように何かを頑張った記憶、誰かを好きになる、夜星を見る、などなんでもいい。 その欠片がきっかけとなって、自分も似たような経験をしたような気になる。 もちろんこんな経験をしたことはないわけで、なんなら私などは音楽に興味すらないわけで、作中でどれほど都合よく話が進んでも構わないのだ。 つまり青春映画とは誰かにとってのファンタジーであり、ファンタジーであるがゆえ逆に美しくあらねばならない。 アキと颯太の感情の変化が無言の表情だけでさり気なく表現されているのもいい。 演じた新田真剣佑と北村匠海はいい仕事したね。少々オーバーなところと控えめなところのギャップが良かった。 特に北村匠海は一人二役でもあったわけで、難しかったと思うが、そつなくこなした。しかも歌もなかなか上手かった。 美しさはストーリーだけでなく、映像でも表現される。 プールの中にいるような青さ。水面に反射する光のきらめき。きらめきは星のようで、それは真昼の星。 青く輝くってのは正にそのまま青春って感じだよね。 音楽も美しく作品全体が美しい。 誰かの何かにきっと繋がる欠片の多さとその美しさで、傑作とまではいかないけれど、ある意味で完璧な青春映画と言えるのではないだろうか。 ラストのフェスの前夜からもう何だか泣けてしまう。 個人的にはヤマケンのシーンで来たが、妻はもう少し前から泣いてた。

  • dkf********

    3.0

    脚本のご都合主義をどこまで許容するか

    知らない作品だったが高評価鑑賞。一見爽やかで感動的な空気感が漂っているものの、全体的に脚本の詰めが甘く、いろいろご都合主義に目がいってしまい、素直にストーリーに入り込めなかった。 そもそも現在の時代に録音媒体がカセットテープというのがまず違和感ありありだ。ストーリー上、カセットテープであることの必要性が明かされる件を観ても、やっぱり設定に無理があるとしか思えなかった。 カナにしても見ず知らずの颯太にいきなり抱きしめられたら、激しく抵抗するだろ、普通?そんなディテールはおざなりにして、ラストだけで帳尻合わされても、個人的に高い評価は出来ない。 信州でロケしているが、舞台が信州である必然性も全くなく、せっかくのロケが活きていないのも残念な点だ。 まあ、作り手の伝えたいことは一目瞭然だし、オリジナル脚本だし、狙いは悪くはないとは思うが、自分には合わなかったということだろう。ゴメン!

  • cha********

    3.0

    想像していたよりも

    皆頑張っていて よかったです

  • イアン・ブラウン

    5.0

    山の神

    青春恋愛映画と思って見逃すところでした。とても良くできた成長の物語です。

  • nek********

    3.0

    深く考えなければ面白い

    神様はなぜ、カセットを再生してるときだけ幽霊と生身を入れ替えようとしたのか。 アキとソウタが兄弟という設定なら、弟を心配した兄が幽霊として復活というのも分かる。しかし赤の他人。 カセットテープの再生時のみの設定や、上書きされたら云々とかいらなかったんじゃないかな。 残されたバンドメンバー達がアキがいなくても楽しくバンドをやり続けたら成仏できたってことで良くないかな。

  • bat********

    4.0

    ネタバレ凄くキレイで切なくも心が温かくなる作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • アサシン

    5.0

    最高の演技、歌、ストーリーがここに有る

    北村匠海がこれほど歌が上手いとは、本職なんだね。 出てる人みんな凄い演技なんで、感動して、自然に泣いたわ、最後。

  • f_m********

    3.0

    惜しいな

    ストーリーにはあまり意味は無い。 個人的な感想として、この映画の見どころはストーリーでは無い。 まるで10分のMVを2時間に広げて作ったような、冒頭からラストまで そういうカットに拘ったような、美しいシーンが続いている。 音楽とドラマの割合が絶妙。途中までは。 残念なのは、ライブに行くか行かないかで迷うシーンで 登場人物たちの心情をセリフで説明してしまった事。 映像と演技と音楽の流れが止まってしまった。 そこは無粋に感じてしまった。 そして、そこで、ちょっと飽きてしまった。 流れが続いていたら☆4。

  • sxa********

    5.0

    劇中歌を聴くだけでも一見の価値あり

    北村匠海さん主演というのとバンド青春ストーリーというので飛びついて鑑賞。 まず、最初のシーンが、カナとアキの2人のストーリーが躍動感あるカメラワークと共に音楽に彩られていて、グッと引き込まれた。 そして、アキが憑依してそうたが始めて歌った時、鳥肌が立った!北村匠海さん、あんな透き通った声でめちゃくちゃ上手くてびっくりした! 真剣佑さんもめちゃめちゃ上手いし、色気があるというかオーラがある。 それからの歌の場面はほんとに心奪われる楽曲ばかりだった。バンドのメンバーも楽しそうに演奏している感じが、やっぱり音楽っていいなと思えた。 どの曲も素敵で、しかもラブストーリーが軸だから、歌詞がめちゃくちゃいい!歌詞だけ聴いても泣けます!プラス2人の歌声が最高でした! ストーリーはなんか中途半端なような。そうたとアキの仲はどうなったの?途中いい感じだったのに、その後進展は?そうたも彼女も共有しましょう的なこと言ってたからもっと攻めて欲しかった。カナとそうたのその後が最後に欲しかったな。 それにしても北村匠海さん、1人二役を上手に演じ分けていました。歌い方も変えていたみたいで、魅力的な俳優さんで一気にファンになりました。いつも暗い大人しい役柄ばかりなので、はっちゃけた匠海さん見てみたいです。DJアゲ太郎観たいなー。 あと、旬の若手俳優さんたちがキラキラしていたのと、カナ役の女優さん、初めて見ましたが、すごい役に合っていて、普通っぽくて哀しみを抱えている感じがすごく良かったです。 何度でも観たくなるどハマりした映画でした!音楽好きには是非観てもらいたい映画です。

  • kir********

    2.0

    バンド系は難しい

    30分って説明無かったよね?。バンド系で黄泉がえりだからカセットテープなんだが、レコードって映画もあったな。後半で主人公とヒロインがイベントに参加しないってグズるパターンはアリがちだ。黄泉がえって最後は消えてしまうってのもアリがちだ、しかも、なんでぐずったのかもよく分からない。幽霊ってのは古臭い、過去から来たとかの方が面白いよね!。 でも、つまらなくは無い、それが映画の王道だからね。ただ主人公達は永遠に亡霊に憑かれてしまうんだろうな。映像はスローモーションとか、綺麗な見せ方って、最近の映画はアニメの影響受けてるよね。 バンド話って楽曲が一番大事だ、低予算とはいえ、そこはもっとメジャーなアーチストに依頼すべきだよ、二人の歌唱力よりも大事でしょ!曲がヒットしたら映画もヒットする、ってのは昔のアイドル映画かぁ!今は無いなあ、だからバンド系は難しいのだね。

  • まり

    4.0

    ありがちだが良かった

    期待もなく何となく鑑賞したが観てよかったと思えた作品 ありがちなストーリー展開だったが2人の歌がとても良く青春って感じがすごく出ていて楽しめた

  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    2.0

    テレカ

    色々あって最後に集結、ありがちな話、入れ替わりも。使われてる曲に上手く興じられれば良いのかなぁ。

1 ページ/8 ページ中