ここから本文です

映画ドラえもん のび太の新恐竜 (2020)

監督
今井一暁
  • みたいムービー 304
  • みたログ 1,378

3.91 / 評価:1126件

多様性と言う割には…

  • qjb***** さん
  • 2021年2月22日 23時11分
  • 閲覧数 147
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

記念すべき映画ドラえもん40作目。しかしどう考えても、「月面探査機」より質が落ちているとしか思えてならなかった。
そもそも冒頭がほぼ「のび太の恐竜」のパクリで、これはあまりにもコピーしすぎじゃないか?と思ってしまった。脚本家はリスペクトと言っているらしいが、どう見てもそのまま引用したとしか思えなかった。
また脚本家は、多様性が大事と伝えたかったと言っているが、本作では登場人物が言ってる事と行っている事が矛盾している。それが顕著に表れているのが、キューを無理矢理飛ばせようとするのび太の姿だろう。のび太らしくない押し付けがましい指導は、「空を飛べなくてはならない=それしか許されない=多様性の否定」の構図しか思い浮かばなかったし、そもそものび太は冒頭で逆上がりの練習を諦めているので、全く説得力が無かった。
また、島の外の恐竜がどうなったかも心配だ。島にいた恐竜たちはドラえもんたちの誘導のおかげで生きながらえたが、外にいた恐竜はどうなったのだろうか?あそこまで火砕流が広がっているのを見る限り、死んだとしか思えない。なのに全員助かったみたいな描写にしているのが、見ていて不快だった。
内容は散々だったが、Mr.Childrenの主題歌は二つとも神曲。映画ドラえもん史上に残る名曲だと個人的には感じた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • パニック
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ