ここから本文です

東京アディオス (2019)

監督
大塚恭司
  • みたいムービー 13
  • みたログ 19

3.35 / 評価:17件

解説

芸人・横須賀歌麻呂が主演を務める異色のドラマ。彼が歩んできた波乱に満ちた半生を映し出す。メガホンを取るのはドラマ「女王の教室」や「雨が降ると君は優しい」の演出を務め、本作で映画監督デビューを果たした大塚恭司。『純平、考え直せ』などの柳ゆり菜、『バッシング』などの占部房子、音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイ、さまざまな映画・ドラマに出演してきた村上淳らが出演する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

東京にある売れない芸人たちが生息する「お笑いアンダーグラウンド」で、地下芸人の帝王といわれている横須賀歌麻呂は、お金にならないライブに向けた新ネタ作りと過酷なバイトに明け暮れていた。客を笑わせたいという本能と、手応えを感じるライブに必ず現れる女性(柳ゆり菜)を支えに奮闘し、単独ライブを行うが失敗に終わる。横須賀は、精神的にも肉体的にも追い詰められていく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ