ここから本文です

上映中

アイリッシュマン (2019)

THE IRISHMAN

監督
マーティン・スコセッシ
  • みたいムービー 499
  • みたログ 717

3.70 / 評価:519件

早くも今世紀最高傑作。

  • uqj***** さん
  • 2020年1月18日 18時46分
  • 閲覧数 1728
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

2020年1月28日、閲覧700越えたんで書き足します。

基本的にこのエーガは『神パパ①』と『神パパ②』、それと
『大統領の陰謀』という三本の作品を
・その内容をアタマで理解し
・なおかつ、感性で感じ取れて    
いる客じゃないと無理ですので。

特に中盤から『大統領の陰謀』は激・重大な要素となって
この『アイリッシュマン』の脚本に関わってきます。

-------------------------------
しつこいですけどこれは{100%、コッポラ} です。
スコセッシは自分自身を封じています。殺しています。
各シーンの演出・照明・カラーリング・衣装・構図、
全てが「神パパ」のベクトルで完っ全に統一されてます。
加えて冒頭の方に初期の北野作品の構図を大胆に取り入れているのと
後半のダラダラ長く続く車の内部での会話の
{ダラダラしてるのに死ぬほど恐ろしい緊張感}はタランティーノです。
レザボアやパルプそのものです。

「スコセッシは死を覚悟してるのか?」と言いましたがあるいは
「近づくコッポラの死」を、スコセッシが感じているのだろうか・・
とも思いました。

そして、ウォーターゲートよりも、「ケネパパ」がいかに強欲な資本家
だったかって事よりも、民主と共和の違いが解らん奴が観ても意味がない、
って事よりも何よりもこれは「人間としてのモラル」を全く持っていなかった
三人の男達がどう、無残に人生を終えることになったか、
という寓話なのです。   実話の。

   ----------以下、最初の投稿----------

スコセッシ、ひょっとして癌でも患ってるんだろうか。

おそろしいまでの最高傑作を叩きつけてきてくれましたわ。
この執念、凄すぎるし怖すぎる。  深すぎる。

スコセッシが「スコセッシ自身を」捨ててきている。
これが人生の最後、とでも覚悟しているんだろうか?
完全にフランシス・コッポラに変化しちゃってる。

・・

激・激・激・おっもしれえ~っすわ。

脳がスーパー大バクハツして
アンドロメダまで飛び散っちゃうぐらい面白いっすわ。

------------------------
老境ひさしい
スコセッシ爺さんの「お戯れ」で

{トチ狂った超高額製作費とパラマウントが続行困難とみて
 放棄した末になんとかネット成金会社に拾ってもらって
 なりふり構わぬ終末プロダクション体制でどうにかこうにかやっと
 完成させた時代錯誤的・大河暴力ドラマ} で

何をいまさらヨボヨボの年寄りの70年代の遺産の
{上級国民スター俳優}ばかりを三人も四人も集めて

顔のシワ取りとハゲ隠しばかりに精を出すILMとのスーパーコラボで
{ウルトラCGサイボーグ映画}

なんか作ってんだよ
いい加減、引退しろ後進に道をゆずれよ若い役者にやらしてやれよ
もういい加減運転やめろ免許返納しろよ
自分の歳すこしは考えろこの老害監督がー!!

・・

と、思っていた俺は


大・マグニフィセント・土下座。
ニューヨークに向かって。

・・

・・・


------------------------
ん~アカンわ

まだ今世紀始まって20%に過ぎないのに

21世紀最高傑作を

つくってしまわれておられますわ。

「今世紀20%時点でついに今世紀100%!!」


やな。

これから残りの80%、22世紀まで生き抜いて
ニューヨークのスコセッシ宅に向かって
一年730日、朝昼晩と夕方と明け方に大感謝の土下座をし倒さなあかんわ。


-------------------------
とんでもねえメッセージ性と、
20世紀のヤミの暴き方が
{コッポラと化した怒りのスコセッシ爺さん}を
三時間以上の完全ノンストップの破壊神・暴れまくりキングギドラに
してしまっています。

従来のスコセッシ演出の数々を痛々しいまでに大西洋に廃棄物処分して、
燃えないゴミの日にウルトラスーパー大処分しちゃってます。

{スコセッシ演出が嫌いだから観たくない}
という方々には是非ともこの作品だけは違うカテゴライズで
認識しといていただきたいもんですね。

------------------------

あ、わたくしはこのエーガは

  { 0.00000000000000000000000000000001% } も、

         お薦め致しませんので。

『ゴッドファーザー(1972)』と
『ゴッドファーザー PART II(1974)』
に比肩しうる作品、

または場合によっては

  {それ以上の奇跡の、本来ならば到底あり得ない出現}が
      実際にここにあるのだ、という事実

          を理解しうる
          賢兄諸氏だけに

         御報告致しますのみに



       御座いまする。 ことと致しまする。
           のでありまする。


------------------------


私の超・関連レビュー(ちょっとどころの関連ではなく、「超」です)

 『ホッファ(1992)』2019年8月23日投稿

 『ゴッドファーザー PART II(1974)』2018年9月1日投稿




等を超・参照されたし。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ