2019年10月11日公開

15ミニッツ・ウォー

L'INTERVENTION/15 MINUTES OF WAR

PG12982019年10月11日公開
15ミニッツ・ウォー
3.7

/ 262

19%
46%
27%
6%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

アフリカのジブチで、独立派武装組織が軍関係者の子供たちが乗るスクールバスを占拠する。フランスからの独立や政治犯の即時釈放などを求めるテロリストたちは、要求が退けられた場合子供たちののどを切ると通告する。フランス政府は、ジェルヴァル大尉(アルバン・ルノワール)が率いる選りすぐりのスナイパーで構成された特殊介入チームをひそかに派遣する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(45件)

勇敢19.7%かっこいい12.4%恐怖10.9%絶望的10.9%切ない8.8%

  • yok********

    3.0

    銃撃戦のシーンは素晴らしい。

    実話が題材だが、脚色しすぎていて、正直、古臭い演出でした。 ただ、銃撃戦は必見です! これは予想を遥か超えた。

  • s.arata

    4.0

    【タイトル×ジャケットからは想像つかなかった面白さ】

    【タイトル×ジャケットからは想像つかなかった面白さ】 ・2018年公開のフランス・ベルギーのアクション映画。 ・実話に基づく物語。1976年、まだフランスの植民地だったジブチで行ったバスジャック事件。それを鎮圧するための作戦「奇跡の人質救出」と称された作戦の一部始終のお話。 ・ジブチで子供たちを乗せたスクールバスが、ジブチの独立派武装組織のメンバーにジャックされてしまう。要求は投獄されている仲間の解放とフランスからの独立で、応じない場合は子供たちの喉を切り裂くと通告。これに対してフランス政府は、極秘裏に特殊制圧チームとして主人公ジャルバルをはじめとしたトップクラスのスナイパー5名を編成して現地へ送り込む。ジャルバルたちは複数のバスジャック犯達を同時に狙撃してしとめるように準備するも、フランス政府のOKがなかなかでない。内心、暗殺をするつもりがない政府と、目の前で危険にさらされる子供たちを何もできずに見守るジャルバルたち。そんな状況でいてもたってもいられなくなり自ら人質の一人のなる(子供たちの)学校の教師ジェーン。果たして、どのように事件は執着するのか… という大枠ストーリー。 [お薦めのポイント] ・多数キャラクターなのに個性がはっきり伝わる、わかりやすい演技・演出 ・台詞は少ないのに伝わるキャラクターの心情に共感度アップ ・しっかり戦闘シーンあり(スナイパーものなのにハラハラアクションがすごい) ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ ■多数キャラクターなのに個性がはっきり伝わる、わかりやすい演技・演出  ・主人公たちスナイパーチーム5名、現場を仕切る将軍、バスジャック犯リーダー、学校教師、フランス政府…キャラクターが多数おり、しかも私が見慣れていない演者さんばかり。アメリカ以外の国の戦争映画を観る際に、よくこのような状況になり、誰が誰だか…状態に陥ってしまうのですが。なんとこの映画、それがほぼないんです!キャラ名までは覚えられなくとも、顔や服装で切り分けができるので、誰がなぜその行動をしているのかがよくわかる。これって当たり前のことなのかもしれませんが、鑑賞側(私)が知らない演者さんだらけだと、これが中々ムズカシイ。にもかかわらず、この課題をさらっとクリアしてくれる演技や演出、そのおかげで物語の理解がとてもスムースにできました。 ■台詞は少ないのに伝わるキャラクターの心情に共感度アップ  ・キャラクターの切り分けが簡単なのに、彼らの台詞は少な目だった気がします。つまり、台詞で状況を説明するのではなく、行動や振る舞いで彼らの特徴がビビビっと伝わるように表現されているのです。例えば、バスジャック犯の主格の簡単な過去話や表情(アップショット)。例えば、スナイパーチームの台詞のいらない最後の決断。例えば、女性教師が単独でバスに向かう姿やただ煙草を吸う(ギャップ)。例えば、主人公が葛藤する様を常に表情だけで魅せる演出。などなど。小さな事かもしれませんが、これらが積み重なることで、キャラクター一人一人に共感できるようになりました。多角的な視点で共感できたうえで、物語がどう動くか。スナイパーものって、狙い撃ちまでの間はアクションも乏しく、なかなか見応えを覚えづらいと思いきや、その共感度が緊迫感を強めてくれたので、物語に没頭することができた気がします。 ■しっかり戦闘シーンあり(スナイパーものなのにハラハラアクションがすごい)  ・まず、どこかまでは言いませんが「スナイパー映画として圧巻!」と、痺れるシーンがありました。カッコいい!そして、単に狙撃戦だけではないアクションもあるところがポイント。きちんと起承転結の「転」で絶頂のハラハラを与えてくれるように構成されていました。 ■監督のフレッド・グリヴォアさん、もしかしてガイリッチー監督が好きですか⁉  ・スナイパーたちが準備するときの映像が、まるでガイリッチー監督の「スナッチ」や「ロックストック」のようなテンポよい感じで演出(編集)されていました。彼らの行動内容や裏で流れるBGMのテンポとは、ややあっておらず違和感を感じました。笑 個人的には好きな演出なのですが、この映画やそのシーンへの必然性を考えると「うーん」となるような演出を目の当たりにして、「あれ、もしかしてフレッドさんはガイリッチーさん系の演出が好きな人?」と思わず勘ぐってしまいました。笑 ■総じて、タイトルとジャケットではそそられなかったのに、実際に鑑賞したら観てよかった映画!  ・どうしても「15ミニッツ」という映画とタイトルが似ており、B級作品感を感じていたこと。ジャケットが全くそそられなかった…のですが、実際に鑑賞してみると、個人的にはA級作品!と思いました。  ・「実話を基に作られている」というリアリティもまた素敵。一見、フィクション映画に見えるのですが、映画の頭とお尻に挿入される史実テロップが、現実世界とリンクさせてくれて、歴史を調べたくなります。 ・また、ジブチはフランス最後の植民地、ということでその場所が映画冒頭に地図上で示されるのですが、それがまたフランスからは遠い場所で、その前提条件を頭の中にインプットしてくれているので、一層臨場感を増してくれます。  ・哲学的な何か、を得られるわけではありませんが、単純にアクションモノとして、人間の葛藤を描くヒューマンドラマモノとして観ていて愉しめる作品かと思います。特に、ナイスミドルなスナイパーたちがとてもカッコよくて素敵でした。ありがとうございました。 #映画 #15ミニッツ・ウォー #15MinutesOfWar #2019年 #フランス映画 #ベルギー映画 #アクション #ヒューマンドラマ #スナイパー #バスジャック #テロ #フレッド・グリヴォア監督 #アルバン・ルノワール #オルガ・キュリレンコ #タイトル×ジャケットからは想像つかなかった面白さ #全体3.6 #物語3.6 #演出3.7 #演技3.7 #配役3.6 #映像3.5 #音楽3.5

  • carmania

    3.0

    スッキリはしない

    そもそもフランスに植民地にされてるわけだから犯人側の気持ちも分かる。 誰も死なせない特殊部隊というのはいいが、敵の弾だけ当たらないのは無敵すぎる。 カメラワークはいかにもフランス映画的。 そして主役や特殊部隊のメンバーが全員冴えない、、、。

  • FM TOWNS

    3.0

    シンプルに葛藤

    実話ベースなのでストーリーが一本調子なのは仕方ないが、実際におきた事件を追体験していると考えるとスリリングではある。 とは言え、元凶は植民地支配しているフランスな訳で… マイナス点は若干位置関係が分かりくい点があるのと、5.1chサラウンドで視聴した際にサブスピーカーに振られているBGMが大き過ぎる場面があって気が散った。 そして、もう少し「ガイジン部隊」の説明とテンポがあればよかった。

  • m35********

    2.0

    ネタバレつまらなかった

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
15ミニッツ・ウォー

原題
L'INTERVENTION/15 MINUTES OF WAR

上映時間

製作国
フランス/ベルギー

製作年度

公開日