2020年1月17日公開

太陽の家

1232020年1月17日公開
太陽の家
2.9

/ 442

28%
10%
9%
27%
26%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

こわもてだが人情が厚く、木と向き合うと神業的な腕を発揮する大工の棟梁・川崎信吾(長渕剛)は、仕事を支え家庭を守ってくれている妻(飯島直子)と年ごろの娘(山口まゆ)がいるにもかかわらず、好みの女性には弱い。ある日、弟子の入江たちと現場に出ていた川崎は、保険会社の営業・池田芽衣(広末涼子)と知り合う。彼女がシングルマザーで、龍生(潤浩)という父親を知らずに育った息子がいるのを知り、何かと面倒を見るようになる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(74件)

泣ける26.4%笑える15.7%かっこいい11.3%切ない10.1%楽しい9.4%

  • sno********

    1.0

    意味不明、最低最悪、時間無駄

    我慢して最後まで観ましたが 展開がありえないし行動が意味不明。 今年観た最悪の映画です。 こんな映画作らないでください。

  • 上野隆

    2.0

    長渕剛ファン40年だけど…

    展開がありえないすぎです。 長渕剛ファンの方なら観れると思いますが 一般向けの方には ちょっとって感じました。 もう少し内容のあるものにしたらよかったのではないでしょうか。 でも 久しぶり観れてありがたかったです。

  • t_h********

    3.0

    ネタバレ親子ゲームがやりたかったんだろう

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yappu_shro

    5.0

    太陽の家

    面白かったと思いますよ私は。 主人公は川崎慎吾というより長渕剛!って感じが溢れ出てました。

  • akj********

    3.0

    昭和の家族観

    古き良き昭和の家族観で描かれている物語。男の子だから泣くなとか、男は女を守る、女は男を支えるなど。団塊、アラ還、バブル世代までの価値観。現代はジェンダーレスの時代に入っている為、一般の会社員が男の稼ぎだけで妻子を養うのは厳しいだろう。大工の棟梁だから通じる話。長渕の生き様を表現している映画なのだろうけれど、理想論を言ってる割にはグダグダした駄目っぷりが目立つ為、いまいち説得力に欠ける。大工の作業場で木材を利用して筋トレをして筋肉美を披露しているのが唯一の見所。(笑)主題歌は良いので長渕ファンだけが観れば良い映画だろう。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


長渕剛川崎信吾
飯島直子川崎美沙希
山口まゆ川崎柑奈
潤浩池田龍生
瑛太河井高史
広末涼子池田芽衣
柄本明吉武利治

基本情報


タイトル
太陽の家

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル