ここから本文です

上映中

国家が破産する日 (2018)

DEFAULT

監督
チェ・グクヒ
  • みたいムービー 139
  • みたログ 166

3.77 / 評価:128件

教訓的映画

  • 重村牧男 さん
  • 2020年6月6日 22時36分
  • 閲覧数 271
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

ソウルでお土産買ったり、CDを買ったりするのは、
ミドパ百貨店と決まっていた。
ある日、いつものようにミドパに行こうとしたら、韓国の友人に「あそこはもうないよ」と言われた。
こういう事だったのですね。

題名からして敬遠しがちで難しそうな内容だが、
全く異なった3つの視点からこの問題を描き根源を浮き彫りにしていく。

そして、それらがどこかで交差する。
テレビドラマ往年女優キム・ヘスを主役に据え、脚本の巧みさを押し出す。

アメリカが介入していたIMFの立ち位置は、
昨今のWHOの構図に似ている。

自己保身な政府、
偏向的なマスコミ、
煽り拡散させるネット情報、
何がフェイクで、
デフォルメされているのか?

疑え!そして考えろ!

(脚本賞候補)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ