レビュー一覧に戻る
his
上映中

his

1272020年1月24日公開

いけだ

4.0

ネタバレ暖かくて柔らかい雰囲気の映画

最近LGBTQを扱った作品が多すぎる気がしますが、理解を求めるのではなく、マイノリティの人達の愛や心の強さを表現した作品は、暖かくて優しくて柔らかい雰囲気のものが多くて好きです。 この映画はまさにそう言う作品かなと。 まぁゲイのカップルを主人公にしたわけだから、理解を求める要素がないとは言えないけど、少なくとも全面に押し出してる感はなく、異性愛者でもあり得るストーリーかと思います。 ただマイノリティの人が主人公になることで、この柔らかい雰囲気が出せたり、他のLGBTQ系作品にしても、マジョリティでは表現出来ないものがあるのかなと思います。 渚は勝手な男です。 でも自分に似ている部分もあり、共感し理解出来てしまうため、応援したくなってしまう。 田舎のおじいちゃん、おばあちゃん(役名:緒方、吉村)の若者を受け入れるセリフも、暖かくて好きです。 戸田恵子さん演じる弁護士さんの裁判でのシーンも、マイノリティを区別したくない私としては、すかっとして気持ちがいいです。

閲覧数1,028