ここから本文です

ワイルドリング 変身する少女 (2018)

WILDLING

監督
フリッツ・ブーム
  • みたいムービー 1
  • みたログ 11

2.56 / 評価:9件

現代劇では無理がある

  • rud***** さん
  • 2020年1月14日 22時56分
  • 閲覧数 290
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ちょっと現代を舞台にするには無理があるかも。
最初の少女監禁では、なんとなく50年くらい前を舞台にしているのと匂わせておきながら、蓋を開けてみれば完全に現代が舞台。
さすがに現代で、人型モンスターは現実味が全くなくなる。
ストーリーは可もなく不可もなく。良くある主人公変化モノ。
人類と交配出来るのは生物的にどうかと思う。
モンスターのデザインは個人的に好きではない。

主人公の女の子の演技が良かった。常に虚で、何か内に秘められたものがある雰囲気を出していた。視線が定まってない演技も◯
途中、少しだけ人間の女の子っぽい雰囲気になる(パーティー前)のが、その後の変化を考えると儚げで可愛らしくもあった。

プレデターと戦うシュワちゃんか!とつっこみたくなる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ