ここから本文です

残念なアイドルはゾンビメイクがよく似合う (2019)

監督
森川圭
  • みたいムービー 1
  • みたログ 5

2.75 / 評価:4件

低予算ゾンビ映画の舞台裏を描いた話

  • bat***** さん
  • 2020年9月22日 20時47分
  • 閲覧数 104
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

前作にあたる「メイクルーム」という作品があるのを知らなかった。
こんなタイトルながら全くゾンビ映画ではなく、ゾンビ映画を撮る現場に集まった地下アイドル達の楽屋裏ワンシュチエーション物。
これがメイクさん視点なのが、新鮮だった。

地下アイドルと言っても、当然売れ具合には個人差があるし、それぞれバラバラの事務所から集まってきてるとなると、中には厄介な性格のアイドルもいるだろうし、この映画のように現場の狭い控え室の空気も居心地が悪いなんてことも実際にありそうだ。
なので、本物の地下アイドルにこの作品の感想を聞きたい(笑)

森田亜紀さん演じるメイクさんが、何かもう保健室の先生みたいな存在でホッとさせられた(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ