ここから本文です

犬鳴村 (2019)

監督
清水崇
  • みたいムービー 312
  • みたログ 1,326

2.49 / 評価:1077件

呪怨はまぐれ当たりだった

  • nui***** さん
  • 2020年9月27日 20時44分
  • 閲覧数 940
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

レンタル視聴。正直レンタル代でも高いと感じる稀に見る駄作。

怖くもないし話が死ぬほどつまらないし途中で寝そうになるレベルの中弛みがあるので苦行です。こんな物みるくらいなら海外のホラー映画観た方がいいです。

最序盤のカメラや視界の端にちらちらっと移りこんでくるのとか、そういう一瞬の演出が光る所もありますが、それも序盤だけです。

話の整合性が無茶苦茶。
心霊物やりたいのか、ゾンビ物やりたいのか、SFやりたいのか、伝奇物やりたいのかせめて決めてから映画撮れ。
整合性考えず全部混ぜて無理くりいい終わり方にしましたーからのあのオチとか観客馬鹿にしてんのかとしか思えなかった。

結構名の知れた役者も起用してるのに全く活かせてない。
最初の頃犠牲になった女の子なんかあんな演出やらせる必要あったの?気持ち悪いし仕事とはいえ可哀想だなとしか思えなかった。

呪怨がヒットしたときは、清水監督持て囃されてましたけどその後何撮っても鳴かず飛ばず。
期待して劇場でみても悉く外して爆死レベルの低評価。
いつか凄いの取るだろうと期待してたけどもう劇場でみる価値ないんでみてません。次はレンタルでもないです。

今回見ていて改めて感じましたがこの人の持ち味ってお化け屋敷のビックリ箱的脅かし演出だけなんですよ。
話を構成する能力が致命的に欠けている。断片的な小話続けるだけだから呪怨はどうにか間持ちしたけど長編はこの人には無理ですね。

こんな物しか撮れない人がJホラーの旗手とか酷い冗談としか思えない。
海外見習ってください。世界を席巻するとか過去の話です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ