レビュー一覧に戻る
犬鳴村
2020年2月7日公開

犬鳴村

HOWLING VILLAGE

1082020年2月7日公開

からあげ

3.0

ネタバレいつもの清水崇

呪怨の清水崇といえば不気味で変な動きのお化けと、 物語の中で未来と過去に干渉する演出だが、この作品もそれ。 またかと思うか水戸黄門のように安心できる王道展開と思うかは人それぞれかもしれないが、私は前者だ。奇を衒いすぎなければホラーに王道はいらない。 物語の概要は簡単にまとめると、犬狩りをして調子に乗ってた犬鳴村が、 ダム建設の餌食になり村人と一緒にダムの底に沈められ、 その村人たちの怨念が犬鳴き村に近づこうとする人間を次々取り殺していく、 というような感じ。 ぶっちゃけダムに沈められたのは犬の怨念な気もするから、ある意味自業自得なのかも。 だからか、今回犬の怨念と人の怨念が合体した人狼みたいなのがでてくる。 しかしそれは怖くもないし、監督お得意の不気味な動きの人狼ダンス?も少しくどいくらい披露されて、もはやただのギャグでしかない。 その他の幽霊(死んだ村人の集団)も霊というよりぼやけたゾンビのような感じなので、全体的にホラーとしてはかなり弱い仕上がりになっている。 ならば物語が良ければいいじゃないかといいたいところだが、 最初に言った通り「清水崇の王道」なので、目新しさはない。 おそらくユーザーが見たかったのは「犬鳴村を題材にした物語」ではなく、 犬鳴村に行くと起こる「数々の不可解な心霊現象と謎」なんじゃないかな。 次はそういうのでお願いします

閲覧数2,570