レビュー一覧に戻る
犬鳴村
2020年2月7日公開

犬鳴村

HOWLING VILLAGE

1082020年2月7日公開

ミラ(価格相談歓迎!)

1.0

ネタバレ中盤以降の展開が酷く、深みのない内容に

近年のジャパニーズ・ホラーのつまらない要素を凝縮している演出と物語展開でした。 犬鳴村という悲劇の村。村人の悲しみ、悔しさ、辛さが呪いとして今なお残っている。 うんうん。まあ、ありきたりだが、期待ができる。とは思ったけど、しかし!! 中盤以降、 謎の演出と謎のストーリー展開により、設定が台無し。言いたいことはたくさんあるが、いくつか気になった点のみ。 1、謎の亡霊演出 村人の亡霊、ストーリーの途中で死んだ人の亡霊、あと唐突に墓場に立ってる青年の亡霊。イミフで怖くなかった。青年の亡霊に至っては、普通に道案内して、映写機見るという。墓場に立って見守ってるくらいで良かった。あとは、妙にリアルだったり、陳腐な霊演出が残念。 一番怖かったのは病院の男の子の実母の亡霊。 2、無関係な人の死 冒頭、女の子が死ぬのはまだ許せる。犬鳴村に行って、呪われて精神的におかしくなったから死んだのだろうとは思った。 が、しかし、ヤンチャな男3人組が電話ボックスで死んだのはなぜなのか。犬鳴村行ってないし、犬鳴村の一族と関係ないやん? あと、ちょいちょい出てくる老医? なんか凄いキーマン的な雰囲気出したが、あっけなく死んだ。溺死だから呪いだったの? 3、謎のビーストモード 物語の後半、最終盤で犬鳴村の血を引く人、亡霊が、謎のビーストモードに。特撮ヒーローですか? 4、深みのない物語の展開、脚本 ここが一番残念。設定はまだ良い。が、深みが無さすぎる。犬鳴村のことをもう少し調べるとか、関係者に聞いて回るとか、犬鳴村の歴史を描いてほしいね。リング的な展開を少し期待していただけに。 5、イキって、叫んでばかりの演出 登場人物がみんなイキって、叫んで、イライラする。主人公の女の子は、霊を見るしか脳がなく、泣いて、叫んでばかり。 せっかく良い演技をしていた高嶋政伸も、ストーリー的にはあんま関わらなく、怒って叫ぶだけ。もっとシリアスに犬鳴村のことを語らせても良いのに。もったいない。 6、総論 ホラーとしても、ミステリーとしても中途半端。最近のジャパニーズ・ホラーの弱点。 清水崇監督は呪怨がピークでしたね。配役でギリギリカバーしたかなと思います。

閲覧数3,907