ここから本文です

上映中

犬鳴村 (2019)

監督
清水崇
  • みたいムービー 146
  • みたログ 432

2.62 / 評価:335件

ストーリー書いてます。本編小スカ表現注意

  • mat***** さん
  • 2020年2月15日 15時29分
  • 閲覧数 1187
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

うろ覚えで所々ストーリー飛ばして書いてます。場面前後してたらすみません。

主人公の兄とその彼女が犬鳴村の動画を撮っている。
霊感がある主人公は病院で自分が担当している男の子が不思議な事を言い出し霊を見てしまう。
主人公の兄が彼女の様子がおかしいので見てくれと頼まれる。家では彼女が童歌を歌いだし「犬が東を向けば尾は西向く、犬が白けりゃおも白いわよね」と言い彼女が失踪。兄が発見するも鉄塔の上から落ちて死ぬ。
主人公の弟が犬鳴村について調べている。兄が友人と一緒にトンネルに行き、その車になぜか乗っている弟。そして、二人してトンネルで失踪。トンネルの前で主人公や警察が捜索していると母が気が狂い始め、まるで犬が乗り移ったように父を噛む。病院に出勤した主人公担当している男の子が様態を見に行こうとすると、お世話になった医師が危篤状態だという。
主人公が病室につき男の子を見ているが眠ってしまう。気が付くと男の子がおらず廊下に出て見に行くと、男の子がお世話になった医師の病室の前にいる。病室に入るとあの童歌が聞こえてきて不可解なことが起こる。そこで見た幽霊に「お前の血筋は…」と忠告を受ける。
場面は変わって兄の友人一人がとある電話ボックスの前で立ち往生し、他の友人に電話ボックスから助けを求め、他の友人たちがその場につくと彼はおらず電話が鳴り、電話を取ると中に閉じ込められてしまい、翌日彼らは電話ボックスで溺死していた。
主人公が家に戻り、父に「うちの血筋って何なの?」と問い詰めるが、父は明言せず「混ざってはいけない血だった」という。主人公はそこで母方の祖父を訪ね、亡くなった祖母との記憶を思い出す。その時と同じように祖父宅から見える先祖の墓地に青年が立っているのを目撃する。主人公が祖父に呼ばれ、祖父から祖母は拾われっ子だった事を聞かされる。主人公が祖父に「犬鳴村に行きたい」というと祖父から「ダムに沈んだ」と聞かされる。
主人公がダムを見つめていると、祖父の家の墓地に立っていた青年が後ろに立っている。主人公は意を決しその青年に触れた。青年は犬鳴村に関する情報を持っており青年に犬鳴村に関する映像を見せてもらった。
犬鳴村は自分の父方の先祖が電力開発の権力者で、犬鳴村をダムに沈めた人物だった事を知る。
帰宅途中、兄の友人達が溺死した電話ボックスを発見し、亡くなったはずの友人たちを見る。また、兄の彼女が亡くなった鉄塔を見つけ、亡くなったはずの彼女を見る。家に着くと父が暗い居間におり、母の姿はない。気が狂った母親を父は部屋に閉じ込めていた。母があの童歌を歌い、虚ろな目で「犬が東を向けば尾は西向く、犬が白けりゃおも白いわよね」と言った。まるであの日の兄の彼女のように。
恐怖と絶望に見舞われる主人公は兄とともに失踪した弟の部屋に入る。そこで兄があの日彼女と一緒に犬鳴村にいった映像をみて、犬鳴村へ行く手だてを発見する。
午前2時に電話ボックスにかかってくる電話に出れば、犬鳴トンネルから犬鳴村に行ける。犬鳴トンネルについた主人公の背後には、あの先祖の墓地に佇んでいた青年がいた。その青年が犬鳴村を案内して、兄弟が待つ牢屋へたどり着いた。兄弟を助けようと、青年に導かれるままに奥へ進んでいく主人公。奥の部屋には女性がいた。その女性は青年が前に見せてくれた映像に移っていた女性だった。女性は赤子を出産し、へその緒がついている。青年がへその緒を噛み千切り、主人公に「この子だけでも助けてくれ。」と赤子を主人公に託す。女性は「私の赤ちゃん…」と赤子を返すように求めるが主人公は兄弟の元へいく。
トンネルまで女性の怨念が迫ってきており、青年の力だけでは無理であった。そこで兄が女性を引き留め、主人公と弟は逃げる。逃げた先は祖父宅であり、祖母が赤子で来た日と重なる。
その後兄は溺死体でダムから不可解な形で発見される。主人公が担当していた男の子も退院し、主人公は犬鳴村の血を背負っていく。

〇感想〇
率直な感想は某和製美少女ホラーゲームの劣化版です。
やりたいことも、伝えたいことも、わかるんですけど…なんせ脚本のアイディアと演出技術がないのとやりたい事への製作費が足りない感じがしました。
ダムに沈んだ村、犬鳴村伝説という着眼点が面白いのに惜しいです。
童歌や「犬が白けりゃ~」の言葉の関係性や意味が最後まで謎です。
それを謎解きのヒントにすればよかったのに。(面白いと尾も白いと掛詞とか)
「なんでタイムスリップしたの?」という疑問も、タイムスリップしたというのをもっと撮り方や映像の加工などで分かりやすくすればよかったのにと思いました。最初のカップルが撮ってる動画と実際の見方といういい比較があったのに(村のシーンはセピア色っぽくするなど)それをわかりやすく活用しなかったのは本当に残念です。
友人達の死が最後まで謎です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ