ここから本文です

犬鳴村 (2019)

監督
清水崇
  • みたいムービー 300
  • みたログ 958

2.64 / 評価:726件

この脚本に何人の人が納得できる?

  • lur***** さん
  • 2020年3月8日 22時13分
  • 閲覧数 2669
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

コロナの影響を考えれば避けるべきですがせっかくの誘いだった為、行ってきました。結論から言うと無理して行くようなレベルの映画では無いです。

全く物語上意味の無い死と安っぽいびっくり要素、結果ありきの無理なつじつま合わせ、言葉で何でも説明される映像の無駄遣い。
怖さとびっくりさせることを明らかに履き違え、映画体験を否定するように観客に丁寧に説明してくれる親切設計。それなら目をつぶっていても話がわかるように聞こえますが話をテキトーに作っているのか絵を見ても聞いても は?ってなります。

ダム湖に沈んだ犬鳴村はかつて甘い顔して現れた電力会社の連中に村人を殺されダム湖に沈められたことを今も恨み村人達を殺めた血筋に復讐する目的。そして犬鳴村の血筋を残す目的。

そもそもダム建設前の話なのか、ダム建設後の話なのかは情報量多いのに説明が無い。
前者であれば、ダム建設に反対した為、村人を殺し、ダム湖に沈めた設定が自然。
後者なら前者が成立して無ければ無理な話しでそれを押し通したのであれば悪いのは村人。

犬と交配してたというとってつけたような差別的設定を最後は見事肯定するという最低な脚本。その犠牲の上で成り立たせようとした異形の動きは洋画のパクりで怖さもない。


今作に高評価を付けることは作り手や演じた俳優にとっても良いこと無し。誰も成長しないから世界に誇れる映像作品はいつまで経ってもできるわけなし。
良かったところを探す方が難しい映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ファンタジー
  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ