ここから本文です

犬鳴村 (2019)

監督
清水崇
  • みたいムービー 311
  • みたログ 1,284

2.52 / 評価:1039件

犬との間に人間は産まれません。

  • cam***** さん
  • 2020年3月15日 3時15分
  • 閲覧数 7438
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

簡潔に説明すると、主人公のお父さん方の森田家はダム建設に関わり莫大な富を手に入れ、女性達を監禁し迫害しそのままダムに人間がいるのに閉じ込めたのでしょう。
そして、母方の祖母側の血筋が犬鳴村の住人で主人公が最後赤子を助けるのですが、それが母方の祖母に当たります。
それを見つけたのが母方の祖父でその後結婚したのでしょう。
犬と一緒に監禁されていた曾祖母は単純に考えても、犬と交わるという噂を流されたとの事なので医学的にも犬の子供は生成されることはありません。
番犬の役割であって交わってた訳ではありません。
普通に母方の守護霊として祖母についていた曽祖父の子供でしょう、実際に俺達の子供と発言しています。
それに、犬と交わって子供が生まれたとしても主人公が犬の血を受け継ぐのであって最後の方で曾祖母が子供を返せと犬女になるのでは辻褄が合いません。
じゃあ、なぜ犬女になったか?それは簡単です野犬を殺し食べるなんて行為をしていたら低級霊である犬の動物霊の祟られてもおかしくありません。
母親が犬食いしたりと仕草が動物霊に憑かれた症状にそっくりです。
そうすると、曾祖母が犬女になったのも説明がつくかな?と思います。
犬鳴村の血筋は動物霊に呪われてるのです。
そして、森田家は犬鳴村の住人をダムに沈めたため住人からも呪われています。
つまり、主人公やその兄弟は動物霊と先祖が殺めた犬鳴村の住人からも呪われてる事になるのです。
目を逸らさず立ち向かい、犬鳴村の呪いはどうにかなりタイムスリップし祖母である赤ん坊を祖父の家に置いて助ける事が出来たので、癒されたかもしれませんが、野犬を食し狩っていた過去は変わらないので犬に呪われたままなのでしょう。
犬鳴村の都市伝説や実際に村があったり電話ボックスなどの話を調べてた時期があるので、実際に合ったダムに沈んでしまった犬鳴谷村を上手くホラーにできていて凄いなと思いました。
実際に野犬がとても多く、峠(犬鳴峠)を越せない野犬たちが遠吠えしていたため、犬鳴と呼ばれていました。
これで、ただの心霊スポットで怖い話にあったとか事実や都市伝説を無視した話だった場合はガッカリです。

残念だった点は曾祖母の犬女で急激に冷めてしまいそうなところと、曽祖父と守護霊とはいえがっつり喋っていたり、ダムになる前にタイムスリップしたりと純粋なジメジメとしたホラーとは言えない事ですかね。
個人的には事実や都市伝説を上手く使い話を作れてたので素晴らしかったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ